MOVING☆教室引越し

Featured

We are moving.

Empty shelves. After 4 years of teaching English in Harrison, NY, we are relocating Mattison English to our new home in Harrison, NY.
We appreciate all the opportunities we had that led us to where we are about to start.

From next week on July 2, we will start our lessons from our home in Harrison, NY.
We are looking forward to having lessons as we had back then in Japan; outdoor, cooking, and weekend activities.
We are so looking forward to starting from our home.

空っぽの棚。ハリソン駅前教室での4年の月日が流れ、来月7月からはマイホームでのレッスンを開始します。駅前教室とマイホーム間の距離は100m程。生徒さんの事を一番に考え5月に購入した家です。ハリソン駅からも徒歩3分。日本からの来客も歓迎します!

ここに至るまでの色んな方とのご縁に本当に感謝しています。これからは自宅で日本で行っていた様な屋外アクティビティ、クッキングそして週末アクティビティなどを組込んだレッスンも加えていきたいと思っています。
来週からのレッスンを楽しみにしています。

Last day

Farm Stay 2018 Orientation⋆オリエンテーション

Image

 

Sunday on 6/19,  we had Orientation for FARM STAY2018. This year, we have two groups. All of them got together even in Japan via SKYPE!

Participants grades 2 to 10 started off with cooking pizza together and everyone got to know each other by asking questions and filling in the chart. We are so happy to see everyone was very open to making new friends. Our two sons(21&18yrs) are going to be their leaders during the farm stay and they thought these groups are going to be so much fun. It’s going to be another exciting summer for sure.

☆1st session will start on 7/22-7/28
☆2nd session will start on 8/1-8/7

Chris and Mio will go up to the Mattland farm in a couple of weeks to get things ready and order meats from the farm.
Busy, busy, busy…!!

先週日曜、NYの新居へFARM STAY2018の参加者を招きオリエンテーションを行いました。日本からの参加者もスカイプで参加してくれました!

小学2年から高校2年までの参加者が仲良くピザ作りでオリエンの始まり。その後チャートを使ってそれぞれのバックグランドを質問。オリエンテーションが終わる頃にはキャンプリーダーとして参加するうちの2人の息子達も含めみんなの顔から素敵な笑顔がこぼれていました!
今年のFARM STAYはうちの息子2人もリーダーとし参加してくれる予定で、楽しい夏になりそうだと言っていました。

私達2人は近日中へMattland牧場へ足を運び、本格的な準備に取り掛かります。牧場のお肉も調達しておかなければ…さぁ!忙しい~

 

Collage Sentences from Magazines

Image

What a bunch of laughs!
We cut out words from magazines, and this is what we came up with?
The more outrageous the better.
It’s so cool to see personality and imagination!

One of my favorites by a 2nd grader was, “Pay $400 for my gold mashed potatoes.”
Try it!  20708358_1669077189777176_32773251112471802_n

Image

 

DAY4
朝の牧場Choresはだいぶとなれてきました。
お世話の流れを理解し、動物たちとの距離も近くなり、動物たちも5人に慣れてきたようです。

私は毎朝、みんなより30分ほど遅く牧場に顔を出すのだけど、テキパキこなせるようになってきて毎日Choresの時間が短くなっているのに気づきます。
匂いにも慣れてきましたね!

今日のレッスンはオモチャのビービーガンを使って屋外レッスンです。
TPR(Total physical response)。
“How to safely hold
How to safely carry
And how to safely use”
銃が認められる国アメリカ。
賛否両論ですが、田舎での銃の使用は家畜を守ったり、自然社会から自身の身を守るためであったりし、多くの牧場主は銃の使用法を心得ています。
おもちゃのビービーですが、本物の銃と同様の使用法と危険性、大切さをレッスンで話しました。
子供たちは真剣に話を聞き、しっかりと使い方を学んでいきました。

緊迫した時間が過ぎ、あっという間に昼食時に。
暑い今日は「そうめん+すいか」
「あんまりお腹すいてな~い」
といってた人もバクバク食べてくれていました。

午後のアクティビティはswimmingとkayak。
今年の春は例年以上の降水量で、予定していたLake Ontarioのビーチが水没してしまったので急きょ場所をupper reservoir(貯水池)に変更です。
本当はswimmingだけの予定でしたが、このファームステイ開催直前にkayak4そう購入したため子供達にはサプライズ!
4そうも8人乗りのバンにはつめないため、膨らむゴム製のものを用意。
驚いたのは空気を入れたり、抜いたりのがとても簡単だったこと。
4そうも購入してどうなることかと思ったけど、意外とあっさりと準備できました。

子供たちは自然の中で思う存分swimmingとkayakを満喫した様子です。
upper reservoirの良い所は毎回ほとんど貸し切り状態だとゆう所です。
プライベートビーチ!

帰路はSamon River Fallsへ立ち寄り滝の上から高さを感じてきました( ゚Д゚)
Richland, NYへ行くときはここへ立ち寄ることを是非お勧めします。
昔は何も手を付けられていない壮大な滝という感じでしたが、近年は遊歩道も整い滝の上から谷底まで覗ける様になっていて迫力満点です。

ロッジに戻りSwimmingと滝の後はヘトヘトだと思っていましたが、子供は元気でした!
前日生き残るかどうかを賭けてママチキンのふところへ押し込んできたベイビーチキンのその後をチェックしに、物足りなかった化石堀りのリベンジにマティソン牧場へ出かけていきました。

夕食はGrass fed beefのtenderloin steak♡
Markに教えてもらった通りにグリルにしたら…..
なんと….と~ってもジューシーでやわらかく、美味しかったです。
Grass fed beefはいつも草原で放牧され、グラスをモグモグ食べ、自由に動き回っている為、脂肪分が少なく、プロテインが豊富なため固めなイメージがありましたが、うちのMattland’s beefは Mattisonとして言うのもなんですが、お勧めします!
MarkがHarrison, NYまで宅配してくれたらと願うばかりです。

あっという間に半分が過ぎたこのファームステイ。
明日は雨模様…

 

 

Online English lesson

Featured

この夏、多くのNY駐在員が日本へ帰国しました。同時にNY 現地生徒さんだった皆さんが日本からのオンラインレッスンに切り替わることになりマティソンイングリッシュは月〜土まで朝6時よりレッスンを開始しています。

そんな私達ですが来週7/16〜7/22間はマティソンイングリッシュが主催する  [マティソンファームステイ]の開催の為、休講になります。

アメリカ,ニューヨークの大草原で繰り広げられるこの牧場体験は今後このブログでも更新していきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします!

Getting together with students half way around the world is great. We love that we do this everyday.

We will miss everyone who is taking lessons from us for  a next couple weeks to restart Farm Stay program.

Please keep an eye out for our blog post about how it’s going.

20170629_060632

Mattison Farm Stay 2017

Image

 

 

Preparations are ongoing at Mattison Farms.
We visited Mattison Farms this weekend to finalize our program.
マティソン牧場の夏の牧場体験の準備を進めています!
今週末は牧場を訪れ現地の皆さん、家族と打ち合わせをしてきました。

Everything is  in place.
We’re all excited about this program.
We can’t wait to have our students there!
着々と準備が整い、プログラム開催が待ち遠しくなってきました。

Let summer begin!!
さぁ!夏がやってくる!

New Start!

72691_584705068214399_2026349964_n

Spring 2013

4 years have passed since I moved back to NY in 2013.

Starting Mattison English in NY from scratch after closing it in Japan was no easy task.
But like this pic right before we left Japan, my lifetime partner Mio and I  both kept our chins WAY up high.

Thanks to everyone for all your support.
4 years after moving back to the US, we’re here today with over 100 students in Harrison, NY + Skype students in Japan.

We have a great summer Farm Stay 2017 going this year, and we’re just thrilled to be working with Mattland Farm and Mattison Corner Farms on that project.

As I was doing in this picture, looking up at the beautiful cherry blossoms as my witness, I promise to do my best for all of our students and family.
Without any of you we would be nothing.

Thanks everyone!

Guest from Japan 2016

2016夏
今年も日本からゲストがやってきました。滞在日数があったのでNYCを始め、Chrisの実家Richland,NYへ壮大なアメリカ自然体験へ連れていきました。

約3キロ平方メートルのマティソン家の敷地内には牧場や大きな池があり、自然を満喫することができます。
日中はチューブで川下り、ビーバー池でカヤックとカヌーを使って釣りをし、牧場の馬と過ごしたり、鶏の卵を取りに行ったり….
夜は家族や友人たちとキャンプファイヤーでマシュマロをやいたり、花火をしたり…
自然に囲まれ、メクラアブ(deer fly)の大群に追われたり、カヌーに乗り池の真ん中でポツンと一人になり飛び立つ大アオサギやカワセミに見とれたりすると、自分の存在の小ささをこれでもかと思い知らされます。
ザワザワと揺らぐ木々が1996年にこの地で結婚した20年前より大きくなったと感じる以外、月日が経過したなんて思えないほど、そのままの自然が残されています。

人ってなんてたわいもないんだろう
たわいもない者が恨み合ったり傷つけ合ったり
たわいもない者が愛し合ったり助け合ったり

自然に囲まれているとそんな言葉とも言えない感覚にさらされてしまいます。

マティソン敷地内にはあのアーミッシュ家族も住んでいて(空き家をお貸ししています)、牛舎も一緒に使ってもらってるのでアーミッシュの馬車や馬さん、私にはよくわからない小道具がたくさん並んでいます☆
アーミッシュ家族が作った野菜などをマティソン家族はおすそ分けしてもらったりしているのだけど、今年も瓶詰めされたビーツやビーン、ピーチをもらってきました。ヤッタ!

そして今回はうちの長男の高校卒業パーティも兼ねていたので、家族が一斉に集まりにぎやかなものになりました。
ここに私の日本の家族が一緒にいたら本当にいう事ないのだけど(^_-)-☆

最後に、うちに来てくれたゲストのコメントです。

マティソン一族の皆さん本当にお世話になりました、、忘れることのできない生涯の思い出です。
目で見たもの身体で感じたもの全てがその場でしか体感できない貴重な時間を過ごせました、世界の交差点でデッカイ兄ちゃんにラップのCDを勧められたことも知らない人の家の庭で野宿したのも純の友達と川下りしたのもマティソンファミリーと毎晩キャンプファイヤーしたのも忘れられない思い出になりました

またおいでね、テッセイpond19

 

 

Online Lesson # スカイプレッスン

日本でお住まいの皆さん対象のスカイプレッスン
ME4
スカイプレッスンはスカイプを使ったオンライン英会話レッスンです。下は小学1年生から上は大人の方まで幅広くレッスンを行っています。レッスン時間は30分と1時間があり、受講生の集中力などを考慮してレッスン時間を決めていただいています。

レッスンスタートへのステップ

ステップ1
<スカイプの登録> スカイプの無料登録をご自身の使用するパソコンで登録して
もらい、登録時のIDネーム(登録時に使うお名前)を私達にお知らせください。

メールアドレス: chris@mattisonenglish.com

ステップ2
<体験レッスン>ご都合のよい日程で30分程度の体験レッスンを行います。
この時に通信状況や相性、英語スキルなどを試します。体験レッスンは無料です。

ステップ3
<レッスン回数の購入とお支払い> 1レッスンは30分レッスンです。回数券の様なシステムで 始めにまとまったレッスン回数を購入していただきます。

中学生~社会人の方々は毎回のレッスンで2レッスンを使い、1時間レッスンにされてるかたが多いです。
レッスン回数
1レッスン$13
10レッスン$120
20レッスン$230

ドル建ての請求額は自動で日本円に切り替わります。日本との為替のレートも考慮してるので、レッスン料はタイミングを見て調整してます。

☆30分レッスンはレッスン1回分を使用します。
☆60分レッスンはレッスン2回分を使用 します。
お支払いはオンライン上の「PayPal(ペイパル)」のサービスを利用したクレジットカードを使ってお支払いいただく方法が便利です。お支払い手数料やご登録は不要です。 ご希望レッスン数をお伝えいただいたら、こちらからご請求書をペイパルを通じて送信します。そのページにしたがってクレジットカードでお支払いいただくと、領収証が発信され精算がおわります。

ステップ4
<レッスンの予約>レッスン曜日と時間帯は予約時に希望を伝えてください。
予約時に受講者の氏名をお知らせください。
レッスン開始6時間以上前のキャンセルは無料です。 レッスン開始より6時間以内でキャンセルされた場合のレッスン料は返金されません。
テキスト代は使用する場合はお知らせします(殆どなしです)。

購入されたレッスンはご家族、ご兄弟で使用いただけます。

年々このオンライン上のレッスンの需要が高くなり、クリスと私は現地での教室レッスンとオンラインでのレッスンで朝の6:00から夜の10:30まで今まで以上にバタバタしています。(笑)
ご質問等ありましたら、お気軽にご連絡くださいね。

メールアドレス:chris@mattisonenglish.comまで(^^)

8歳が英検2級合格!2次試験に向けて☆Eiken Interview section 2015

英検
今回も日本からそしてアメリカから英検に挑んだマティソンイングリッシュ生がいます。
3級から上は一次合格したら二次試験(面接試験)がありますね。
マティソンイングリッシュでは一次試験を合格したという報告直後から二次試験の対策が始まります。

今回は私達の生徒である8才の少女が英検2級に合格しました。
Congratulations!
英検2級は高校卒業英語レベルと言われています。すごいですね。
彼女自身の努力は勿論の事、感心したのはご両親のサポート力。
両親一丸となりあらゆる方向から情報を集め、娘さんに伝授していた情熱に感心しました。

やはり子供が一番見本にし、真似するのは父と母。
両親が関心を示すものには子もそれなりに興味を持ちますよね。
両親の関心の無い事は、家庭の話題にも浮上しないので、
結果子供が興味を持つ事から遠ざけてしまいがちです。
これは語学以外、全てのことに共通していますよね。
特に中学生辺りまでのお子さんにとっては親御さん自身が英語に興味を示すことは、
講師の私達が出来る事同等、または以上に大きな力を持っているのではと感じる時が多々あります。今回のケースは正にそれであったと言えます。

英検二級二次試験に向け、
この8才の少女の挑戦はまだまだ続くことでしょう。時間は少ないですが挑むところです!
合格しましょう!