Farmstay2018-successfully finished!

Status

 

This slideshow requires JavaScript.

Wow! We are so excited that two groups attended our Farm Stay this year. We’re so happy to offer these experiences that so many people have never experienced! We feel it is so important to experience these things first hand and not from a textbook.
今年も怪我もなく無事ファームステイが終了しました。初めてトライすることを沢山経験し参加者のみんなは色々と感じ、考えたことでしょう。Mattisonならではの充実したプログラムを振り返ってみます。

Our focus in this program was for students to use English in everyday situations on and off the farm on the following 3 topics:
プログラムで注目した3つの柱は…

1. Environment+Social+Economic⇒ Sustainable development
2. Strong English conversation skills
3.  American culture and manners

These experiences added depth to our students’ characters and wisdom about the world around them. It wasn’t always pleasant for all who joined because they were immersed in the local culture. It was a totally new way of life for them. Because of that, each individual stayed focused on English to learn to understand and respect others and their culture.
今回の経験で自然と生き物は環境の中で大きな役割を果たしてくれている事を感じてくれたと思います。参加者に年齢差はありましたが地球上の生命は、人間のために存在しているのではなく、人も地球の生命の一員であり、豊かな自然や生物の多様性がなければ生きてゆくことは不可能だとゆうことを5つ日間の家畜の世話やりや、マティソン家の家族やアーミッシュの人々と接したりすることでそれぞれが心の中でしっかりと感じてくれたと思っています。
<English Lessons>
☆How to prepare fishing pole-Total Physical Response/casting practice
☆Ecological footprint-Ecological footprint calculator/presentation
☆Table manners-proper way to eat and communicate at the table/presentation
☆Nature/Agriculture relations to modern life-what to be careful of in the wild/respect and observe nature
☆Creative writing-review the week and write an essay

<Program activities>
☆Taking care of pigs in the barn every morning-feeding/cleaning/bedding
☆Fishing at the beaver pond-Rowing the rowboats/observing beavers
☆Setting and checking infrared camera in the woods
☆Visit Amish family next door
☆Meeting Mattison family, relatives and friends
☆Horseback riding/carriage riding
☆Fossil hunting
☆Egg hunting
☆Night Hiking/Stargazing
☆Build Bonfire/Marshmallow roasting/drumming
☆Tie-dye T-shirt making
☆Cooking meals together
☆Swimming&kayaking at the lake
☆Ordering at the shops and ice cream shops
☆Collins Farm Tour-over 2000 cows
☆Locust Hill Dairy Farm Tour-over 4000 cows

One week was a short time, yet all of our students accepted the challenge to different degrees and that was one of the fun parts of such a program. Please look through the photos and ask us lots of questions.
We truly loved our farmstay2018. Thank you to our Mattison family and friends who were part of us and to support our program!
1週間は本当に短いものですが、参加者一人一人が自分と向き合い大切な事をつかみ取ってくれました。このブログを読んで興味を持たれた方、どんどん質問してください。
メール→chris@mattisonenglish.com
今年も更に充実した内容でプログラムを進めることができたのも家族である息子2人、マティソン親族のおかげです。
この熱い情熱が爆発している間に前のりになって、更に来年の事を話し始めているChrisと私です。皆さんありがとうございました。

Online Lesson # スカイプレッスン

日本でお住まいの皆さん対象のスカイプレッスン
ME4
スカイプレッスンはスカイプを使ったオンライン英会話レッスンです。下は小学1年生から上は大人の方まで幅広くレッスンを行っています。レッスン時間は30分と1時間があり、受講生の集中力などを考慮してレッスン時間を決めていただいています。

レッスンスタートへのステップ

ステップ1
<スカイプの登録> スカイプの無料登録をご自身の使用するパソコンで登録して
もらい、登録時のIDネーム(登録時に使うお名前)を私達にお知らせください。

メールアドレス: chris@mattisonenglish.com

ステップ2
<体験レッスン>ご都合のよい日程で30分程度の体験レッスンを行います。
この時に通信状況や相性、英語スキルなどを試します。体験レッスンは無料です。

ステップ3
<レッスン回数の購入とお支払い> 1レッスンは30分レッスンです。回数券の様なシステムで 始めにまとまったレッスン回数を購入していただきます。

中学生~社会人の方々は毎回のレッスンで2レッスンを使い、1時間レッスンにされてるかたが多いです。
レッスン回数
1レッスン$13
10レッスン$120
20レッスン$230

ドル建ての請求額は自動で日本円に切り替わります。日本との為替のレートも考慮してるので、レッスン料はタイミングを見て調整してます。

☆30分レッスンはレッスン1回分を使用します。
☆60分レッスンはレッスン2回分を使用 します。
お支払いはオンライン上の「PayPal(ペイパル)」のサービスを利用したクレジットカードを使ってお支払いいただく方法が便利です。お支払い手数料やご登録は不要です。 ご希望レッスン数をお伝えいただいたら、こちらからご請求書をペイパルを通じて送信します。そのページにしたがってクレジットカードでお支払いいただくと、領収証が発信され精算がおわります。

ステップ4
<レッスンの予約>レッスン曜日と時間帯は予約時に希望を伝えてください。
予約時に受講者の氏名をお知らせください。
レッスン開始6時間以上前のキャンセルは無料です。 レッスン開始より6時間以内でキャンセルされた場合のレッスン料は返金されません。
テキスト代は使用する場合はお知らせします(殆どなしです)。

購入されたレッスンはご家族、ご兄弟で使用いただけます。

年々このオンライン上のレッスンの需要が高くなり、クリスと私は現地での教室レッスンとオンラインでのレッスンで朝の6:00から夜の10:30まで今まで以上にバタバタしています。(笑)
ご質問等ありましたら、お気軽にご連絡くださいね。

メールアドレス:chris@mattisonenglish.comまで(^^)

8歳が英検2級合格!2次試験に向けて☆Eiken Interview section 2015

英検
今回も日本からそしてアメリカから英検に挑んだマティソンイングリッシュ生がいます。
3級から上は一次合格したら二次試験(面接試験)がありますね。
マティソンイングリッシュでは一次試験を合格したという報告直後から二次試験の対策が始まります。

今回は私達の生徒である8才の少女が英検2級に合格しました。
Congratulations!
英検2級は高校卒業英語レベルと言われています。すごいですね。
彼女自身の努力は勿論の事、感心したのはご両親のサポート力。
両親一丸となりあらゆる方向から情報を集め、娘さんに伝授していた情熱に感心しました。

やはり子供が一番見本にし、真似するのは父と母。
両親が関心を示すものには子もそれなりに興味を持ちますよね。
両親の関心の無い事は、家庭の話題にも浮上しないので、
結果子供が興味を持つ事から遠ざけてしまいがちです。
これは語学以外、全てのことに共通していますよね。
特に中学生辺りまでのお子さんにとっては親御さん自身が英語に興味を示すことは、
講師の私達が出来る事同等、または以上に大きな力を持っているのではと感じる時が多々あります。今回のケースは正にそれであったと言えます。

英検二級二次試験に向け、
この8才の少女の挑戦はまだまだ続くことでしょう。時間は少ないですが挑むところです!
合格しましょう!

~The Meaning of Life and Food ☆ 命をいただくこと~

How often do you think about sacrificing animals & plants when you eat?OLYMPUS DIGITAL CAMERA
well…in my case, not so often….until we had these tasty meats from our family’s farm.

Regardless of what other animals do,”Humans kill other animals for food.”
I usually don’t think about this when I go regular grocery shopping.
But eating fresh beef from the farm made me feel that we just took their precious lives, just so we can eat.

We eat meats and plants, we do as we must in order to survive.
Some people may think this is just the cycle of life so get over it!
But by seeing cows in the pasture happily walking around, and eating tasty beef on my plate right from the pasture…. I must honor animals by showing respect and gratitude for their “sacrifice.”
I don’t want to waste food on my plate.
I am so glad that my family can feel this way, and we have our family who runs farm in upstate NY.

We hope we can share the meaning of life and food in our future program <Farm Stay+ESL Program> someday.

人間として動物や植物の命をいただいて生きていることに毎日感謝してますか?
私の場合、はい!と言いきれません。でも今回親戚の牧場から新鮮なお肉を頂いて気持ちが動きました。

地球上のあらゆる生命にドラマがあるように、現実、人間は動物や植物を食物として食す。
主婦としてスーパーで買い物する時にいちいち考えたりしませんが、こうやって牧場行ってもらってきたお肉となると、あの牛さんが命と引き換えに今晩の私達の夕食のお皿にのり、私達はそれを食べて生かされてるんだ…と考えずにいられません。IMG_6350

肉、魚、野菜を生きる為に食べてることは、食物連鎖として当たり前、大げさだなぁ!って思われちゃうかもしれませんが、牧草地をゆったり歩いてる牛たちがある日突然人間の食物になる現実を目の当たりにして、やはり、「いただきます」=「命をいただきます」と感謝してその命をいただかなければいけませんね。
むやみにお皿に残った物を捨てたり、激しく好き嫌いを主張したり…
私には絶対にできません。
家族、親戚が牧場を営み、「命と食物」の関係を考える環境があることに感謝。

将来実行したいマティソンイングリッシュの<Farm Stay+ESL Program>でこういった大切なことも伝えていけたらいいですね。

Our plan..”Farm Stay+ESL” ファームステイ+ESL レッスン

IMG_6394

We visited our hometown(Richalnd, NY) on labor day weekend.mattland1
We got all these fresh grass fed meats from our family “Mattland Farm”!

Thanks to Mark and Angela Mattison!
Mark and Angela are the owners of Mattland Farms. And Mark is a 6th generation farmer.
We had a great time talking about our future plan…
“Farm Camp Program” mattland3
where people can be exposed to beautiful American nature and enjoy some farm activities.
And be able to take ESL lessons while staying right at the farm!
Please stay tuned for our next step up!Mattland2

To visit Mattland HP →http://www.mattlandfarms.com/

<ESL生を持つ親として>

IMG_2265
この人、うちの次男ノア。アメリカ生活丸2年経過。今年9月NYの公立高校でESL学生に終止符をうち、100%現地生としてカリキュラムをスタート。
ESL生扱いを抜け出たくてもがいて大変だったESL時代。
でもいざESLから放たれるとそれはそれなりに不安。

さぁ、新しい幕開け。大いにはしゃいでくれ。
なんでもこい!一緒にやってやるわい!

40’s #40代の1コマ

2506
To do list is too long tonight.
Making our clients wait…letting sons take their own responsibility…We feel we are falling behind getting things done.
A big contract is coming up, too….
Our mom(in Japan) always told us”Just do things one at the time, don’t think about anything else. Watch your step! Focus! You can handle it if you guys are together.”
IF this is the moment and the opportunity….
We should hang in there..!!

やる事いっぱいでつぶれそうな今夜。
顧客へ返答を待たせ、息子達には自分たちで色々処理させて..色んな締切りについてけていない現実。
大きな契約交渉も控え考えるとこいっぱい。
そんな時思いだす日本の母の言葉。
「一つずつこなしていかんとかんのだよ。あせっても何にもならん。他ごと考えとったらあかんの。ほら、足元みんとぉ。集中だよ。2人一緒だったらできるわ。」
今が大事な時なのか、今が与えられたチャンスなら…
やりましょう。やっていきましょう!

BACK TO SCHOOL 2015

Just finished today’s work with Chris.
Mattison English is getting busier. Glad to meet many new people. Some people find us via online, some pick up our ads in front of our office. But most of all, it’s from word of mouth from current students of ours. We are so pleased and appreciate how we can connect to people.
Let’s have a great new school year!!2015-08-17-1439819228-7226924-BacktoSchool

お盆 次男の初の1人旅

<ESL クラスにいる日本&アメリカンな次男がラガーディア空港で学んだこと..>

8/13から10日間をかけ、15才の次男が1人旅をしてます。どしょっぱなのラガーディア空港で痛い目にあった彼の教訓です….

1.ラガーディア空港はさける
2.セキュリティーチェックで15才1人旅はフルチェックを覚悟すること。–15才で1人と言ったら即カプセルの様なフルチェックシステムに入れられた…笑
3.遅延、ゲートチェンジの告知は突然やってくる。時に何度も。聞いてない方が悪い
4.ターミナルが変わるってことは相当歩くか、シャトルってバスにのる必要がある–ノアは歩いた…(+o+)
5.違う便に「乗せてやる」と言われても、「席が余らんかったわ、悪いけど前のヤツにもどって」と乗せてもらえないとこもある
6.余りに空港で待たされたら、空港内で使える<食券=ミールクーポン>がもらえる–ノアは15ドル分もらった
7.基本英語が話せるなんたら…よりも、飛んでやる!の気力が一番大切
8.携帯の充電は満タンにしとくこと–家族とのやり取りがハンパなかった
9.チャライ年上の兄弟、姉妹はあてにしない–ノアの兄は一部始終の経緯を知っていながら一言も助言しなかった(+o+)
10.7時間の忍耐力のはてで再会する家族の笑顔はダイアモンド!全ての努力が報われる時…

弱音を吐かずラガーディア空港で1人、7時間のバトル….オッツ~
15ドルのミールクーポンでイチゴいっぱいとヨーグルト&サントウィッチを食べたそうな…
15才の夏!がんばれ、帰りの到着はJ.F ケネディーだよ。
空港から1人で2時間かけて、クウィーンズとマンハッタン通過して帰って来てこれるか….
パスポートと携帯だけはなくさないでほしい。LaGuardia-Airport-LGA

Motivation to Learn English  英語を学ぶ心を支える 

2103H君は元気に部活行って帰ってきたかな?
うちはH君が帰っちゃって寂しい思いをしてるよ。次男は「1日が長いなぁ」とつぶやいてました(/_;)
久しぶりにあったH君から感じた彼の魅力って、H君って心が清く、良くも悪くも率直に表現できる所。でも本人的には色んな葛藤がありそうで、自分の取った行動に後から反省してたり….
彼の今感じる色んな意味でのじれったさはまだ数年は続きそうだけど、そんな時期だからこそ今回NYへの1人旅は彼にとって大きなヒントになったんではないかな。

H君滞在中、マンハッタンからの帰りに次男、H君、私で外食した時の事。
なにげに大学進学の話になって、H君が言ったんです。
「まだ何したいかとかわかんないから、取りあえず大学行って…」って。
で、私が切り返したのは、
「何したいかわかんないのにどうして大学いけるの?」

アメリカのほとんどの学生は大学は銀行から学生ローンを組んで自力で大学に行くのね。
もちろん、うちの息子たちも。だから日頃うちの子に口酸っぱくして言うのは、大学進学はやりたい事が見えて、少なくともそう信じるものがあって行く所。何したいかわからんで大学行くくらいなら何でもいいから仕事して社会の入口見てから標準定めて大学いきなさい、と。
大学進学が人様から数年遅れたって、長い人生、後になったらそんなこと問題ないこと。
それより親のお金使って「取りあえず大学」の方がよっぽど危険。
私のストレートな切り返しに何かが覆されたような表情だったH君。

また私は日本語と英語しか知らないので、その2言語から入って来る情報しか解釈できないんだけど、日本と英語を母国語とする国々のメディアが発するニュースを見たり、聞いたりするだけでも、国々で全く違った観点も持って情報を国民に提供してるんだなって日々感じるの。
日本のメディアが報じる事だけをうのみにすることなく、世界の発信に耳を傾けて判断できると世界がもっと面白くなるよと、H君に伝えました。
そのためには世界の共通語である英語を習得することがポイントになってくるね。

本音を言うと、私が英語を習得した目的は、元々「英語を使って仕事をする」ことだったのね。若いころは、少しでも自分が世界の一員である事を英語を使った日々で感じたかったの。
「英語ができる」は私にとって世界を見据えるスタート地点。
英語ができるが目標じゃなくって、その英語を使って何ができるかが大きな課題だったのね。

結果、英語を使って世界に参道するよりというより英語を教える側となった今、少しでもその英語を使えることの意味と可能性を若い人に感じて欲しいと思うんだな。
H君を空港へ送って行った時、前職である航空業といろんな航空機を目の当たりにし、エアラインビジネスに再度クラッときちゃったけど、マティソンイングリッシュを通して私には素晴らしい生徒さんや友人とのつながりがあるって今は思えるの。私達が関わる多くの生徒さんが「英語ができる」がスタート地点となり、「英語でOOができる」という所まで行きつくまでずっとご縁があるといいなぁ。