Mattison English       
Blog
Featured

Creative Photo Contest 2021

Presenting our student family Photo contest for 2021.

Many of our students enjoyed participating in last year’s event. The activity got students and families to look around to see more. It gave them new things to talk about and try while practicing and thinking in English outside of class. You can do it any time of day. Even when just riding in the car.

We’re looking forward to seeing even more people join this year.
We’re looking forward to seeing your creative photos.

We use the photographs to teach a number of lessons, from technology to composition to idiomatic expressions and poetry. It becomes something more than a contest.

Below are the three videos we created from some of the photos that were chosen by the students that took them.

Featured

ファームステイ2021 Vol.1

昨年はコロナの為中止となったファームステイでしたが、今年はコロナ対策も十分に施し参加者全員が7泊8日を健康に過ごすことができました。


2006年から開催し今年で15年目となるこのプログラムですが、毎年少しずつ新しい取組みや学びの場を増やし、学びありそして楽しみありの益々充実したプログラムになってきました。有難くも参加した皆さんから参加してよかった!という感想を毎年聞きますが、今後行ってみたい、興味があるけどどんな内容だろうという方のためにブログを利用して少しずつファームステイの中身を少しご紹介してみます。

ファームステイって何するの?
今回は毎朝行う農業体験についてお話しします。

☆農業体験
農業体験を通して酪農や農業、自然環境、自然との共存関係を学ぶことができます。これは地域やマティソン親族と連携しながら、参加者の「心の教育」や「いのちの教育」「食の教育」を主な目的とするものです。
滞在中は毎朝、豚牧場の飼育のお世話のお手伝いをします。普段嗅いだことのない動物のにおいや鳴き声にはじめは驚きの眼差しの参加者ですが、プログラム終盤になると飼育の流れを把握できるようになり自主的に行動できるようになってきます。

そしてお手伝いの最終日は牧場内の豚の飼育を参加者に任せられるまでになります。参加者同士が話し合い役割を分担し、「子豚とママ豚にはこれだけ、大人の豚にはこれだけ」、と餌やりの分量から豚の寝床を干し草で整える事までしっかりこなせるようになります。

また牧場のお世話をしながら少しずつ疑問を感じる参加者も出てきます。
子豚の可愛さに見とれ、抱っこして益々愛着が湧く一方、夕食で食べるステーキや朝食のベーコンはお世話をした牧場からの豚や牛。スーパーで食肉を購入する事が常の多くの参加者とってこの事実は普段滅多に考える事ではありません。
かわいいけど自分たちの食材になってしまう生き物の宿命をどうとらえたらいいのか。
世間では環境問題として牛肉を食すことを懸念する声も多く聞きます。
色んな意見がありますが、どの意見が正しいと教えるのではなく参加者一人一人が環境問題や育てた生き物をたべる事について自分なりの納得のいく考えに行きついてくれたらと思います。美味しく頂くのも、今後のお肉を口にする事を考え直すのも本人の責任であり自由です。
こんな体験が参加者の道徳観や責任感、自主性を育て自己肯定感も高くなり大きな自信につながっていきます。
必死になってお世話をする姿を見てあげてください。

次回はファームステイのアウトドア・文化・環境についてご紹介します。

Featured

FARM STAY2021 is ON!

Mattison Farm Stay is booked solid this year 2021.Thank you everyone for your interest.

Our preparation has begun!

We have endured the challenges of this past year including canceling last year’s Farm Stay. We can’t wait to show our students a whole new world!

“We want our students to become confident in who they are and learn to live with others. Even if we are different, we all have something great to share.

By the way, here is a new farm star at Mattison Corner Farm. This little boy was born last week. He doesn’t have a name yet. Do you have a good name for him?

ファームステイの開催のお知らせです。
2021は元気にファームステイを開催いたします。

昨年1年はPandemicのため、ファームステイ開催も中止となり応募してくれたアメリカ国内、日本からの参加者の皆さんにもとても残念な思いをさせてしまいましたが、今年はNY州のガイドラインに沿い安全対策を十分考慮しての開催です。
世界にはまだまだコロナで辛い思いをしている国や人々が沢山いる事も事実ですが、こうやって1歩ずつ進んでいけたらと思います。

開催におき、7/17土—8/7土までを休講とさせていただきます。

上の写真はMattison Corner Farm に先週生まれた仔馬で、男の子です。
まだ名前が付いていませんので良い名前があったらメールで教えてください(^^♪
この夏のファームステイでのアイドルになることでしょう。

また夏期は中、高、大学受験への準備が本格的に開始する時期でもあり、ご希望に応じ集中的に英検対策、Essay対策、TOEFL対策、面接対策を行っています。
日本からのオンラインレッスンでも時間を調整できる場合がありますのでお気軽にご連絡くださいね。
一緒に頑張ろう!という方はお早めにご相談ください。





Featured

Happy Easter to You All

After skipping this fun Easter activity last year, our Easter activity felt very special this year.
Almost all our students in the US took part in the activity in person, even students from NYC.
(they regularly take online lessons )
It had been almost a year to see some of them in person! It made us so happy.

We boiled about 20 dozen eggs.
During the activity, we carried on conversational lessons about many things to bond with students. We see how our students see and think about all sorts of things, which gives us great hints to develop their English skills even further.

Thanks to all our students for joining this activity.

And let’s keep it going!

昨年のエースターアクティビティが中止になったので今年のアクティビティはとても特別に感じました。
NY在住の殆どの生徒さんがこの対面アクテビティに参加してくれました。普段はオンライン受講のマンハッタン在住の生徒さん達までも今回は電車に乗ってきてくれたり、ロックダウン以降ずっとオンライン受講だった生徒さんもマティソンへ訪れてくれうれしい限りでした。

今年は合わせて約20dozen(1dozen=12eggs)の卵を茹でました!
卵の絵付けをしながら皆さんと沢山の話をしました。こうやって生徒さんとじっくりフリートークをしながら1人1人の心に触れみんなの目線で一緒に考えたり、思いに触れたりする事は彼らの英語カリキュラムをカスタムで構成し、英語向上に取り組む私達にとってとても参考になります。

皆さん、参加ありがとうございました。

Happy Easter!

Featured

2 Great Games for English Practice at Home!

“How can I support my child at home?
Play a game together! Try it today!

These days, many English learners have fewer opportunities to speak English outside of lessons. Providing opportunities to be exposed to English is essential for developing language skills. In place of social activities these days, TV, radio, YouTube, blogs, and the news are all great resources.

We use games to motivate learners. We adapt well known games for our lessons as well as make some of our own. We play these games both online and in person. Here are a couple for your family or your own students to enjoy playing. .

1. UNO
Almost anyone can play this game. All you have to do is have a list of challenges that corresponds with the card numbers. You can find words/phrases from books that your child is reading or from a movie they’ve watched. We often make funny sayings together in the lesson.


Here are 2 lists to get you started:



2. Connect 4:
With this one, you can practice a lot more target vocab. We like to mix in new words or idioms that challenge the student and some that spark funny conversation. You can adapt it to any level or age.

How to Play
1.Build up from the bottom by placing a tile or checker in the box.
2.Use the word from the box in a sentence if possible.
3. The first player to get 4 in a row (diagonally, vertically, horizontally) wins.

A video made with one of our students showing how we use “Connect Four” in class.

Here are some examples with a blank one for you to print out to fill in on your own.

If you would like to play the original but don’t have it here’s a link to Connect 4.

The above affiliate links are here for your convenience to quickly find the products if you don’t already have them in your home or office. We do receive a small commission at no extra cost to you if you purchase through the links.

Enjoy.

Featured

ファームステイ COVID-19感染予防対策

Communication>
COVID19が依然として存在する中,私達マティソンが今年の安全なファームステイを取り進めるために、今わかる限りの感染予防情報を皆さんと共有する事はとても重要だと感じています。参加者皆さんに私達の安全への取り組みをご理解頂き、安心してこの夏のプログラムに参加してもらうために、準備を進めながら参加者の皆さんとのコミュニケーションを一層深めていきたいと思っています。

We know it is important to keep you updated on what we are learning and implementing as we continue to educate ourselves about COVID-19. We want you to understand and feel confident in the steps we are taking to minimize risk this summer. We will continue to communicate with you as we know it in preparation for the safe opening of Farm Stay this summer. 

<Pre-arrival>
プログラム開始日から7-10日前は行動範囲の自粛をお願いします
開始日から4-5日前に受けたPCR検査の結果を開催日までにメールにてお知らせください

Limit exposure 7-10 days prior to start of Farm Stay
PCR test approximately 4-5 days before start of Farm Stay, submit the result by email
<On-site Monitoring>
毎日健康状態を確認、問診を行います
毎朝体温チェックをします
手洗い、手指消毒を頻繁に行います
プログラム開催期間中はマティソンの看護師と情報共有をします

A daily health questionnaire 
Temperature taken each morning
Hand washing/ sanitizing
We will remain in contact with our Mattison registered nurse throughout the program as needed.

<Mask Wearing>
ファームステイ参加者のグループ以外との交流の場で、ソーシャルディスタンス(6フィート)がとれない場合はマスクの着用を厳守します。マティソンロッジ内、移動車内でもソーシャルディスタンスが難しい場合はマスク着用とします。
When interacting with someone outside our group and social distancing cannot be achieved, masks will be required. We will be wearing masks when physical distancing is not possible inside our lodge and during transportation.
<Cleaning & Sanitation>
ウイルスや細菌の感染予防の為、日常の掃除、殺菌また室内換気の回数を増やします

To limit the spread of virus and germs, we will increase our regular cleaning, sanitizing and ventilate our lodge to mitigate risk.
<What happens if a participant tests positive while Farm Stay?>
直ちに感染者を隔離しご父兄にお迎えに来てもらいます
参加者全員のRapid/PCR検査をします
ロッジ内の消毒に直ちにとりかかります

Immediately isolate the person who tests positive until a family member comes to pick them up.
Test and screen every person in the group
Thoroughly clean and disinfect any areas of use

This protocol will be updated as needed.

Featured

2021 NY FarmStay☆ファームステイ

Dear everyone,

We hope that you and your loved ones are safe and healthy. We have received questions from parents about if we are going to have Mattison Farm Stay this summer. We know this pandemic has been stressful to many and recognize that socializing and interacting with peers can be a healthy way for children to cope with stress and connect with others.

We are excited to resume Farm Stay while following CDC and NYS Health Department considerations to protect campers and Mattison staff on the farms. However, for this year, we can only accept campers residing in New York. It was a tough decision, but the health and safety of our campers and staff remain our highest priority. Thank you for your understanding.

Please check our website link for details:
Farm stay — https://mattisonenglish.com

We will be sharing a more detailed outline of the latest recommendations and requirements as we finalize those plans.  
Thank you and stay healthy,

ここ数週間今年のマティソンファームステイの開催についてお問合せのご連絡を頂くようになりました。パンデミックが長引ききっとどなたもストレスを感じる中、子供達がストレスに打ち勝ち健全に過ごしていくためには友達とのつながりや人と交わる社会生活がより大切になってきました。

長らく検討してきましたが、参加者、プログラムスタッフの健康と安全を最優先し、慎重にCDCとNY Health Departmentのガイドラインに従い、今年2021はNY州在住の方を対象にファームステイを開催することに致しました。
日本からのお問合せも頂き、苦渋の決断となりましたが今年は安全を最優先とし日本からの受け入れは断念することに致しました。どうかご理解頂けます様宜しくお願い致します。
詳細は下のリンクよりご覧ください。
ファームステイ詳細ー> https://mattisonenglish.com/

開催に辺り、COVID19 Protocolの詳細を近日中に取り決め再度お知らせさせていただきます。

ご連絡、ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。
chris@mattisonenglish.com


Featured

アメリカでの1年目、どう英語と向き合う?

日本から遥々アメリカへやってくる人々の理由はきっと千差万別。では共通点はある?

私の予想では言語の違いにぶち当たる所が一番の共通点かな….
少なくとも私にとっては一番大きかったな、と自分を振り返りながらそう思います。

大人も子供もそれぞれの新環境の中で言葉の壁を感じながら海外生活の開始ですね。
マティソンではそんな皆さんを応援しているのですが、時々ご父兄からこんなお問合せがきます。

「英語で説明されることが学校でもわからなくて子供が嫌がるので英語のレッスンは日本語で説明して欲しいのですが」…と。

言葉の壁を大丈夫、大丈夫!と笑い飛ばせるご家庭ばかりではありません。言葉の壁にぶち当たり自信を失い、学校へ行くことすら拒否しようとする我が子を見るのは本当に辛いものです。そんな時、勿論日本人の私としては日本語を交えなからサポートをするのですが、そっとご父兄にお話しをさせてもらう時があります。

他言語を学ぶ…

私が思う他言語を習得するという意味は:

・わからないまま時間が過ぎる

・思考回路がからまる

・もどかしい

先ずはその繰り返しだと思うのです。少なくても始めの2年程はひっきりなしにそう感じる生徒さんが殆どだと思いますし、私自身も昔いつも想いが言葉にできなくてもがいていました。

でも実はそれは逆に学んでいる、英語に直面している証なのですよね。

バランスを見ながら生徒さんが英語にぶつかり、チャレンジできる場を作る事は私達の大切な役目の1つであり、色々と考えている生徒さんをつつかず見守る事も教えるという点でとても大切な一面だと心得ています。

それが、自身で深く考え紐解く力をつけ、忍耐力を養うと思っているからです。

私の知り合いであり、元オリンピックの監督だった方の言葉に同感したことがあります。
「教える事の一番難しい所は、見守る事。学んでる人が悩み試行錯誤している所を見守り考える力を付けさせる事が大切」
スポーツの世界でも、語学の世界でもそれは接点だと感じました。

ネイティブ講師と1対1で学べる事、いざという時に日本語の助け舟がでるバイリンガル講師の中で学べる環境でマティソンへ通う生徒さんは思考能力、外国で混じって生活する忍耐力を高めながら会話力、読解力、作文力を身に付けていって欲しいと考えます。

海外の学校へ通い始めた頃は、英語をまだまだ日本でいう5科目の中の教科科目として見ている部分が強いかもしれませんが、ここ現地における英語は当たり前のことながら意思表示、人とのつながり、生活手段を意味します。

初めの1年は、大した事が分からなくても、ある程度どっしりと構え「あぁ、楽しかったね!」と親子で言える家庭環境を作ってあげる事を目標にしているうちに、子供の感じる不安が和らぎ次第に興味がわき、そして様々な変化を吸収する事ができるようになります。
テキスト本でただ一生懸命単語を覚えているより、学校の先生や英語圏の学友、また近所の人とどうしたら話せるだろう、どう言ったら会話が続くだろうと試行錯誤しながら学んでいく方が、結局はより実用的な英語習得への一番の近道となるのだと思います。

Featured

😎Cool Experiment 🧪

During this snowy season, we are staying warm and cozy and enjoying a cool science experiment with our students while we learn to describe the reactions and express feeling.

まだまだ真冬のNY。マティソンでは暖かい屋内でサイエンスの実験を行いながら、英語レッスンをおこなっています。科学反応や自分の思ったことを説明やレポートにまとめるなど、全て考えさせる興味深い内容です。

Oil とWaterにAlka Seltzer(Citric Acid とBaking Soda)の反応を楽しむ実験です。
どうしてOilとWaterが混ざらないの?
Why don’t the oil and the water get mixed?
どうしてFood ColorはOil にとけないのにWater はとけるの?
Why doesn’t the food color melt into the oil, but melts into the water?
色の泡が浮かび上がってはじけて,でまた下に落ちてくよ。
The color bubbles float up to the top and pop! Then they drop down to the bottom again.
わぁ…すっごーい!
Oh my….it’s so incredible!
信じられない。
So amazing.
あぁ、だからLava Lampっていうのね。
Oh, that why they call it “Lava Lamp”

色んな表現が飛び交います。

実験の締めくくりの、5つの素材のDensityを考える実験も生徒さんの予想を覆します。
Material ⇒plastic, glass, rubber, silver, woodが素材です。
What’s your prediction?
Will it float on the oil?
Will it float in the oil?
Will it sink in the oil?
Will it float in the water?
Will it sink in the water?
どの位置で5つの素材が静止するのでしょう。
自分の予想を書き込み、実際に実験して確認。

生徒さんがThe glass is more dense than the rubber.
The wood is less dense than silver.
とそれぞれのDensityと関係について意見を交わして終了するレッスンはきっとご家庭でも楽しめるアクティビティですね。

The following recommendations are here for your convenience to quickly find the products if you don’t already have them in your home or office. We do receive a small commission at no extra cost to you if you purchase through these links. Enjoy.

Oil, Food Coloring, Alka-Seltzer


Featured

帰国後のオンライン受講のメリットatマティソン

前回のブログでは帰国子女の英語力維持について、最近はオンラインレッスンを利用して会話力を維持している方が増えていることに触れました。その続きです。
海外で経験した本場の英語習得や生活に終止符を打ち、日本での新たな生活に目を向けながら帰国後の英語力維持のためにオンラインレッスンを選ぶメリットとは….

1.能力や性格に合わせてマイペースに進行
ニューヨークのマティソンイングリッシュで英会話を習っていた生徒さんにとり、生徒さんのスキルや性格を既に理解している講師が責任を持って本人のペースと能力に合わせレッスンを引き継ぐ事は、日本で新たに先生選びをする必要がなく今のスキルを維持、向上させていく事に集中する事ができます。
帰国前の生徒さんの英語スキルを知る私達は、帰国後の生徒さんのスキルの向上または低下にも敏感です。スキルが低下気味だと判断する際は、その分野(スピーキングであったり、ライティング、語彙力)に集中して取り組みサポートします。また生徒さんの性格や興味もそれまでのレッスンで分かっている場合が多いので生徒さんもリラックスし話題も絶えません。

2.ネイティブ、バイリンガルの講師で進学、受験、資格につなげる
共に講師歴20年の経験を持つChrisとMioが隔週で担当するレッスンでは、講師の知識や経験を活かし1枠30分のレッスン中で幅広い分野の英語に触れます。進学、受験、資格英語に必要な文法や単語力、読解力を伸ばす学習に留まらず、考える力を強化すべく世界の出来事にトピックをあてるスピーキング強化レッスンにも力をいれています。これは、面接やエッセイ上でのアウトプットにもとても有効な勉強法です。

エッセイ添削例

3.レッスン以外での取り組み
30分のレッスン外の時間では、希望者にHomeworkも出すことができます。エッセイといわれる英作はなかなか気軽に添削者を見つける事が難しい事があります。英文をHomeworkにしている生徒さんは定期的に講師に英文を提出する事によりレッスン枠以外でも英語に取り組むことができ気軽に添削を受ける事ができます。

また、その他のマティソン独自のレッスン枠以外の取り組みとしては、ニューヨークで夏の休暇期間を利用して参加してもらえる「ファームステイプログラム」があります。
毎年このプルグラムには日本から参加してくれる生徒さんがいます。日本へ帰国後オンラインで英語維持に努めながら、夏は講師の家の牧場へ訪れ更に生きた英語と英語の感性、文化を体験する事ができます。プログラムは<自然環境、NY農業経営の実態、命を頂く意味、自然活動>に注目し2006より開催しています。

講師2人という規模で運営しているマティソンイングリッシュならではの細やかなサポートで真のグローバルを目指す受講生を応援し続けたいと思っています。

マティソンに通ってなかったけどなぁ…
暫く連絡してないしなぁ…
って方もお気軽にご連絡ください。

chris@mattisonenglish.comまで。

Featured

帰国子女の英語維持+αアルファ

駐在家族の皆さんの本帰国ラッシュの時期がやってきました。見通しの立たないコロナ状況下において、今年は母と子で先に帰国というパターンも少なくないようです。

2年以上の渡米経験を積んだ受講者には現地ならではの発音や感性を身に着け、素晴らしいバイリンガルに成長を遂げる人が多く、この時期はレッスンで生き生きと英語で会話する帰国間近の受講生を目の辺りにしながらABCから教えた頃を懐かしく思い出しています。

そんな例年の流れの中、今年は少し違った変化が生じています。それはオンライン受講の増加です。

ニューヨーク近郊の学校は昨年のコロナが始まった頃からオンライン授業を取り入れているため、多くの学生や父兄がオンラインに慣れてきていると言う現実とstay homeで家に居る時間が多くなり家からでも習える事に前向きに取り組んでいる方が増えてきているとも感じています。そして何よりも上達した英語力を維持し更なる飛躍を目指す人が多くなっているからでしょう。これからの未来がオンラインを通してより更にグローバル化すると考える方が増えている証かもしれません。

これからも受講生の英語の成長を支えていきたい、お元気で!とサラッと別れることに寂しさを感じていた私達に取ってこれは嬉しい変化です。今年に入ってからはChrisのみならず、私も朝5時起きで日本からのオンラインレッスンを担当させて頂いています。

オンラインで気軽に英語で話したい方、目標を持って英語学びたい大人、大学生、高校生、小中学生の皆さん、下のメールアドレス宛にお気軽にお問い合わせください。無料体験実施中です。

Chris@mattisonenglish.com

Featured

Mini Felt Christmas Trees

Our Christmas activity this year is making “Mini Felt Christmas Trees”.
Although some kids could not join this fun & creative activity, we are sharing precious moments talking about various topics in a welcoming and at-home atmosphere.

From kindergarteners all the way up to college students, trying to keep conversations while they keep moving hands and thinking about which sequins to use next is a challenge.
This kind of activity simulates our everyday real life environments such as keeping conversation with someone while you are eating, walking to the cafeteria and working on a project. We want to provide fun activities as we keep focused building each student’s English communication skills no matter their age. We can find their interests because we truly care and focus on them.

We are happy to finally have an activity like this again since COVID19 started. While the COVID19 positive cases are surging here in Westchester, NY, we want to continue to follow the guidelines and keep all safe and healthy.

Featured

Holiday Activity 2020

In-Person lesson Holiday Activity

As we approach this holiday season, we decided to do “Holiday Activity” for those who attend in-person lessons.

Many schools in the US have started all remote learning recently. It took us a long time to decide whether we should do this kind of activity or not.
However, we believe our one-to-one teaching environment is safe enough as long as we follow the state guidelines.

As much as we are sorry for those who are quarantined at this moment, we hope to bring cheer and smiles to as many students as possible.

Please provide your child a well fitting mask while he/she attend our in-person lessons to protect others and us.

Featured

Happy Thanksgiving 2020

We, at Mattison English, would like to extend our thanks and gratitude to each of you this Thanksgiving.


This year has been full of even more challenges due to the pandemic. We all have been able to work together to grow and expand your students’ English abilities and awareness.
 
Thank you for your cooperation and resilience with the changing guidelines. With effort, we can get through this if we continue to care for and communicate with each other.
 
 
We’ll keep doing our best to create a strong connection with our students, so they can find their place in the world of English. That bond is important for their confidence and interest and makes for productive lessons whether online or in person.
 
We feel blessed and lucky for our health, family and friends.
Our hearts go out to all of those who are suffering from sickness and hunger this year. 
Please take care of yourself and each other.
Featured

Creative Photo Challenge Videos

We believe, when people enjoy doing something, they will naturally become curious, more motivated, and get better at it.
楽しんで取り組むという事は、興味を刺激しそれがモチベーション向上となり、自然に上達に繋がると思っています。

Watch the Student Made Videos
Video 1
–> https://www.youtube.com/watch?v=DBtrY9iUQtk <–
Video 2
–>https://youtu.be/fkQdk6_lKdo<–

We are using the photos from our “Photo Challenge” in our lessons. Students are creating videos out of the pictures in which they can be descriptive and creative with their English by writing captions and in some cases even poems.
この夏に行ったアクティビティ”Photo Challenge”の写真を日々のレッスン内で活用をしています。ハンズオンアクティビティとし、生徒さんと一緒にビデオを作製をし、叙景的でクリエイティブな英語表現、また詩のようなキャプションを完成させる生徒さんもいます。

Each photo is displayed only for 10 seconds, so it is a challenge to read each caption within that amount of time. Try it and then try it again. Let’s see if you become faster at reading.
1コマの写真には10秒しか時間が取れまず、1コマのキャプションを10秒で読み取るのはチャレンジです。何度もトライしてみてください。速読の力も一緒につけましょう。

Featured

Creative Photo Challenge

During this summer, we had a *remote* activity which every one could participate in from anywhere in the world. The rule was very simple. We gave a list of things to take pictures of. Just like scavenger hunting, but with taking pictures of objects.
For example we had these in the list;
*A picture of a food of you cooked
*A picture of you frozen in the air
*A police officer waving
*Something that looks like it has a face
*Water
etc….

Thank you for submitting so many photographs for the challenge! We are amazed at the creativity of everyone. Over 500 pictures were submitted from many students.
We have reviewed the entries and decided on who will be getting awards for their participation! Some pics are at the bottom of this blog.
Students will be notified during their lessons about the results. 
皆さん, Photo Challengeへの沢山の応募をありがとうございました。今回は500枚以上の写真がエントリーされました。参加者の創造力のすばらしさに驚いています。すべての写真に目を通し、Award受賞者を決定しました。このブログ下にいくつか写真を載せます。結果は参加者にそれぞれレッスン中にお知らせします。

The photo challenge is an event that serves a purpose in our students’ development of their English skills.By taking the photos, learners have hands-on experiences they can learn about their surroundings and their communities.Together, we can develop vocabulary, grammar, and conversation skills by describing, commenting on, and talking about everyone’s pictures.As many of those who have experienced living in foreign countries before are experts in communicating in English, this kind of activity provides an emotional attachment which should lead to better memorization of any new language that comes up, so they are prepared to instantly utilize those skills whenever needed. 

このPhoto Challengeは、アクティビティを通して参加者の英語能力の発達を目指す目的で行われました。自身で又は家族と一緒にHand-on Experience; 実践的な体験に取り組むことにより、身近にある物や地域に目を向け学びながら、自分で撮った写真を説明する表現法、他者の写真にコメントする表現法を学びます。実践的で生きた英単語、英文法、そして重要なコミュニケーション能力をアクティビティを通して伸ばしていく事ができます。海外生活経験者に英語万能者が多いのも、言語の習得は、自身の経験に基づく感情表現や単語は習得、記憶し易く、何時でもとっさに対応できる力になり得るからです。

Mattison English used to hold annual Speaking Contests and Writing Contests. However, under the COVID19 circumstance, we were seeking an event that both student and family members can join while improving their English skills.  We are so grateful that so many students participated in Japan and the US.  We hope this has been an enjoyable experience for you and your family.Thanks again. 

マティソンでは長年<Speaking Contest><Writing Contest>を行っていましたが、この度コロナ禍に至り,このような状況下でも参加者やご家族がより遊び心を交えて参加できる、英語飛躍につながるアクティビティを検討していました。予想以上に日米間よりお子さんから大人までの参加者が募り嬉しく思っています。これからも色んな方面から皆さんの英語習得へのサポートを続けて参ります。

Featured

Back to School 2020

Here comes the sun! As you begin a new school year, we hope you build new trails and seek new horizons.

NY is ready for students to start a brand new school year. Every student is excited yet anxious to see what is about happen. The schools have their own unique learning styles to keep their learners safe and provide the education they need.

We, Mattison English stand by our students and support whatever challenges they may have to face this time of the year.

Stay curious, surround yourself with wisdom…..and let’s accept a new culture and language! No matter what, it’s going to be a great year. Let’s hop on the boat and start the journey!

Featured

Let’s get ready!

After 2 weeks off due to cancelling our summer program, “Mattison Farm Stay”, we are ready to get back to work fully charged!

During our 2 weeks off, we got a lot done and were able to relax some. It was a great time to think about our students and how we want to provide the best way to improve their English skills from kindergartners to college students as well as business clients.

We appreciate our students’ trust and hard work even through this pandemic. As NY opens up, we will continue to welcome students as well as newcomers in a clean sanitized environment and online.

See you all soon.


Featured

During COVID-19

We hope everyone is well and staying safe during these hard times.
コロナウイルス感染拡大によち長期的なロックダウンが続いていますが、皆さんにおかれましては毎日規則的な生活を続け、健康を維持し、学校や地域の再開を待ち望んでいらっしゃることと思います。

Mattison English has been conducting our lessons online. Of course we would prefer to have everyone come over to our house for classes but we all have to work through this together.
感染拡大によりマティソンのレッスンは3月半ばより全てオンラインに切り替わりました。受講生皆さんと直接レッスンができない事は残念ですが、皆さんの健康、地域機関の回復を願い、マティソンも一丸となり皆さんと一緒にこの状況を切り抜ける覚悟でいます。

At this time, our students have fewer chances to be exposed to live English since everything is shut down. We are glad to offer the opportunity for them all to have the chance to speak to a live person albeit online. It is important for them to keep their conversation skills oiled and ready for action so when they do go back to school or back into public they won’t be so rusty.
毎日家の中で過ごす事が長期化する中、家庭内で英語を使う機会が少なくなり不安に思い始めている方が多い中、オンラインでのレッスンをご提供できることを嬉しくまた光栄に思っています。今まで打ち込んでいた目標を維持し、学校、その他の機関が再開した時の準備を整えておくことは大切な事の1つであり、こんな時だからこそ目標を定めコツコツと努力したい、英語力を維持したいという方々を広くサポートしていきたいと思っています。

Something we noticed during online lessons:
Students that are used to coming to our lessons feel safe and confident being with us . They are more themselves when they can have privacy when they talk to us online. They can completely focus and be more involved in the lesson if they are not distracted by other people in the room. They need to take chances when they speak English and can depend on us to correct them when it is important or ask us questions.
オンラインレッスンを快適に受講するには…
元々2013よりオンラインレッスンを行っている私達にとってオンラインレッスンはあまり難もなく切替える事ができましたが、通学レッスンで講師と快適な信頼関係で結ばれていた受講生がオンラインに切り替わり、レッスン環境の変化に動揺してしまう傾向がみられる場合があります。それは受講生によっては、講師とプラベートな空間を確保できる事でより自分らしさを発揮でき、失敗を恐れず発言でき、結果レッスンに集中できると感じている為だと思います。受講生がお子さんの場合は出来るだけ受講生と講師のプライベートな空間を確保してあげれるようお願いします。

What can you do?
As well as talking with us, students and their families could make times when they speak English to each other by playing games, cooking together, looking at art online or just chatting.
おうちでできる事
これは通学・オンラインに関わらずいえる事ですが、ご家庭内で「English time」と家族みんなが英語を話す時間を短時間作ってみたりするもの変化があってお勧めです。英会話をしながらボードゲームや料理をしたりするのはいかがでしょう。またEnglish版のオンラインゲームや洋画、洋楽、youtubeなども効率的に用いるのも良いでしょう。

We are all in this together and get through this together.
マティソンはこれからもみさなんと共にいます。不安に感じる時は何時でも声をかけてください。一緒に乗り越えていきましょう。

Featured

…☆募集開始・Open registration☆ …NY Farm Stay… ファームステイ2020

Announcing open registration for
New York Farm Stay 2020.


今年の夏はマティソンのファームステイに参加してこの夏にしかできない経験をしませんか。
小学から大学生までが共に学ぶ、
『英語スキルアップ, 地球環境への意識、農からのぞく経営のしくみ、農からの食育』では、現代社会の中での大切な知識と、未来を予想し選択する判断力を楽しく身に付けることを目標にしています。

開催地はニューヨーク。大都会のイメージがあるニューヨークですがマンハッタンを一歩でると素晴らしい大自然が広がっています。日本からの参加者は空港への送迎をします。
ニューヨーク近辺に在住の方にとってはまだまだ知られざる学びの多いニューヨーク州の奥深さを体験する素晴らしい機会となることでしょう。

ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。
メール:chris@mattisonenglish.com

This farm stay provides many mind opening experiences that give a deeper grass roots understanding of the world around us.
People from elementary school through college can develop strong English and problem solving skills by being part of real working American farms.
The many different people they meet help them to understand the connection between environmental issues, economics, social awareness, food culture and their own futures.

Aim;
“Improve English skills, Environmental awareness, Observe economic system from an agricultural viewpoint, Food education”

Please send us an email for more information.
Email: chris@mattisonenglish.com

ーマティソン家はー
1860年代から4世代に渡りNY北、オンタリオ湖ふもとで家族酪農を運営し現在に至ります。1200エーカー(約4.8平方km)に及ぶ壮大な敷地を利用しNY在住の英語講師、マティソン夫婦が13年間「英語、農業、文化、環境」のコラボレーションを実現しファームステイを提供しています。牧場には放牧している牛Grass-Fed-Beef(牧草飼育牛肉)を始め牛舎には豚、馬、Cage Freeの鶏(放し飼い)がいます。敷地内にはビーバーが住む池や大昔の化石採集ができる丘もあります。150年以上の歴史を持つ古き良きアメリカ家族、ファミリー牧場でのファームステイはプログラムに関わる人々が皆親戚、友人と、とてもアットホームな雰囲気で参加者を家族の様に受け入れます。

毎年のスケジュールです。天候によりアクティビティの内容が前後しますが、ほぼ安定してアクティビティをこなすことができます。

Featured

NEW YEAR 2020

1/5/2020

=Happy New Year 2020=
We see ourselves reflecting on the past years and those who have helped to shape Mattison English. The year 2019 was quite a year for us!
It is in this spirit that we say thank you and we hope that 2020 will be just as memorable for you and your loved ones.
We look forward to seeing and supporting you for years to come.

あけましておめでとうございます
旧年中は熱心にレッスンに通っていただきありがとうございました。お陰様で2019年も充実した日々を過ごすことができました。
新しい年も個々のニーズに沿った「わかりやすい、楽しい、ためになる」をモットーに2人一丸となって大人から学生さんをサポートしていきたいと思います。
ご家族皆さんのご健康とご多忙をお祈りします。
今年もよろしくお願いします。

ーChris and Mio Mattison-

Featured

Happy Holidays everyone!

What a year we had!
Again, we’ve come to the end of the year. Meeting so many new people brought us so much joy and inspiration to do our best.

Living in NY is so dramatic each day since we live in a place where we encounter people with such diverse needs and goals.

We accept the challenge and appreciate the opportunity to meet each individual student’s demands to help fulfill their lives all over the world.

A little note, we’ve started to accept FARM STAY 2020 applications.
And we are closed 12/22-1/5.

We wish everyone wonderful holidays with loved ones.

Love, Chris & Mio

Featured

運営20年 – Marking 20yrs around!

An international couple — unique upbringings that support others’ learning English language using both English and Japanese made so much sense for us to keep it going for 20 years. Now we know for sure that we’re making the right decision to keep doing what we love and are good at.

Thanks to many students who have trusted us and enjoyed the moments in the lessons with us. We’ll keep on going doing our best.

この度マティソンイングリッシュは無事20年目を迎える事ができました。 経歴の異なる アメリカ人と日本人の2人が英語を教える事に意義を感じながらここまでやってくることができたのも私達を信頼し毎週通ってくれている皆さんがいるお陰です。本当にありがとうございます。

教室を日本からNYへ移した時に支えてくださった日本の皆様、NY現地Harisonの皆様に感謝しています。これからも更に受講生の皆さんのニーズに耳を傾け、分かりやすい、話しやすい、頼れる講師を目指し日々努力を重ねたいと思っています。

以下は受講生から頂いた大切な言葉です。これらのメッセージが毎日私達を支え、前に進む原動力になってくれています。これからも皆様どうぞ宜しくお願い致します。

受講生の声 VOICE

クリス先生・みおさんのサポートもあってKが英語を話す楽しさを知ることが出来ました。マティソンイングリッシュでの体験レッスンに伺った時、Kに使わせてくれたクリス先生自作のオリジナルのカード。とてもユニークであの時「あ、Kにピッタリの先生を見つけた!!」っと思いました。 Kにたくさんの楽しいこと、面白いこと、笑い飛ばしてポジティブでいること、いい影響を与えて下さりありがとうございました。一つ一つがKの財産です。 Y.N

お2人には、渡米当初の親子ともに慣れない土地での不安いっぱいの生活の頃からお世話になり、英語だけではなく、生活面でのアドバイスをいただいたり、悩みを聞いていただいたり、私の心の支えにもなっていただいており、本当に本当に感謝しています。
人気の教室だからなかなか受講できないかも…と色々な人に言われていましたが、受講を始めてみて、その意味がよくわかりました。今ではすっかり私も、お二人のファンです。Y.K

初の海外生活…不安ばかりでしたが、いつもメンタルをキープ出来たのはChris&Mioさんに相談出来る!という支えがあったからです。いつもお話しに行くのが楽しみでした。感謝の気持ちでいっぱいです… H.A

Whatever we experienced and enjoyed with you is unforgettable experiences. Thanks to Chris-san, Mio-san and your sons, we could have fulfilling days in NY!  We are looking forward to hearing good news again and we hope that we can go to Harrison again. Y.N

いつも温かいお言葉をいただき、心が救われてました。 NY生活においてMattisonは2人にとってもそして私にとっても忘れることのないかけがえのない場所です。 どうか2人のことをこれからも見守ってやってください。M.S

時が経つのはあっという間です。2016年★月に来て、体験レッスンを受けたのは翌月。ニューヨークに来てからすぐにマティソン英会話とご縁があって本当にラッキーでした。教えてくださった会社の方々にも感謝です。H.A

私達が★★や日本などへ住まいを移したとしても、マティソンファミリーのみなさんとずっと繋がっていたいと思っていますので、もしスケジュール都合がつけば、また家族でスカイプなどを利用してお付き合いを続けていければな、と思っています! J.N

今までおふたりにはよくしていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。人見知りで恥ずかしがり屋のTでしたが、暖かい雰囲気の中、英語だけでなく、アメリカの文化や生活について学ぶことが出来て良かったです。サマーキャンプは楽しかったようで、素敵な思い出は二人にとって大切な宝物になったと思います。本当にありがとうございました。T.T

クリス、ミオさんは我が子達にとっても私にとってもオアシスでしたよ。本当にお世話になりました。 この前初めてYが英検受けてみようかなー。なんて呟いてました。え!あの子が!と驚きました。ミオさんと英検の勉強が楽しかったみたいです。K.K

Nは毎週木曜日のレッスンで、楽しく英語に触れ、家でも良く、単語やなんとなくの文章を英語で話す機会が増えていました。
Chrisとみおさんには、本当にお世話になりました。感謝の気持ちでいっぱいです!S.F

ここハリソンに来て、右も左もわからない時からMioさん、Chrisさんには親子共々英語を通じて教えていただいたことがたくさんあります。本当に感謝しております。ありがとうございました!! M.M

Featured

Essay Writing


自分の意見にいかに説得力を持たせることができるか….10月の英検が迫る中、ライティング力に磨きをかけ頑張っている人も多いのではないでしょうか。

アメリカでは小学生低学年からFirst, Next, Then, Last といったように英文の書き方を習い始め、中学生辺りから本格的にEssayの書き方を指導されます。
基本的なEssayの習得は現地ニューヨークの学校では勿論、日本での検定試験、入試、面接にも対応できます。

Which season do you like best?

  1. I like summer best. – 結論 <introduction>
  2. I can swim at a beach. – 理由1 <topic sentence>
  3. Day light is longer. – 理由2 <topic sentence>
  4. I don’t have to wear a heavy coat. – 理由3 <topic sentence>
  5. Summer is my favorite season. – 結論 <conclusion>

これはThe 5-sentence Personal Essayというとてもシンプルで分かりやすいエッセイの書き方指導です。
あのJohn F. Kennedy もこの用法を使いハーバード大学へ入ったとあります。
下がそのオリジナルー Via JFK Library and Museum

John Kennedy JFK Harvard University Application Essay

ℚuestion “Why do you wish to come to Harvard?” Here’s what a young JFK had to say:

The reasons that I have for wishing to go to Harvard are several. I feel that Harvard can give me a better background and a better liberal education than any other university. I have always wanted to go there, as I have felt that it is not just another college, but is a university with something definite to offer. Then too, I would like to go to the same college as my father. To be a “Harvard man” is an enviable distinction, and one that I sincerely hope I shall attain.

April 23, 1935 John F. Kennedy

結論をサポートする理由を英検3,準2,2,準1級では2つほど書きます。1級の理由は3つ書くのが基本です。そして各段落(パラグラフ)の前後には下の様なフレーズや単語を用いると更にエッセイが読みやすく、理解されやすい文になります。

★I believe–/ In my opinion, / I agree with–/ From my point of view, / I support the idea that –/
★ Firstly, / To start with, / One reason that / First of all, / The first reason is that /
★ Secondly, / In addition, / Next, / Moreover, / Furthermore, /
★ Lastly, / At last, / Additionally, / In comparison, / On the other hand, /
★ In conclusion, / To conclude, / For the reasons above, / In summary, / To sum up, / As I have stated above, /

上のシンプル5行エッセイを基礎に、更に段落に言葉を加えていくと下の様な構造となります。

  1. Introduction
    – Hook 興味を引くセンテンス
    -Thesis Statement エッセイの主題
    – Briefly introduce 3 topic sentences 簡単な3つの論点の投入
  2. Topic Sentence(1st piece of support the thesis) 主題をサポートする論点
    – Elaborate the topic sentence 論点の詳細
    – Provide an example/ evidence/ quotation 例、証明、引用
    – Explain the importance of the example/ evidence/ quotation 上の詳細
  3. Topic Sentence(2st piece of support the thesis)
    – Elaborate the topic sentence
    – Provide an example/ evidence/ quotation
    – Explain the importance of the example/ evidence/ quotation
  4. Topic Sentence(3st piece of support the thesis)
    – Elaborate the topic sentence
    – Provide an example/ evidence/ quotation
    – Explain the importance of the example/ evidence/ quotation
  5. Conclusion
    – Rephrase your thesis フレーズに変化させ主題を再主張
    – Summarize your 3 topic sentences 3つの論点のまとめ

エッセイの練習をしていて気をつける点です。
1. 論点を挙げる順序
日本文
<詳細>だから<論点> です。
英文
<論点> です。 なぜなら<詳細> です。

2. フレーズや単語のワンパターン化をさける
英語は同じような言い回しや、単語の使用を避ける傾向があります。類義語を使い表現がワンパターンにならないようにする。

3. エッセイのタイプにより1人称を使わない
「Argumentative/Opinion essay」は、自分の意見を述べるものなので、「I think」や「I believe」のような言い回しが使われることがあります。 しかし、客観的に述べるEssayでは一人称を使用しません。 あくまでも事実をもとにした客観的な書き方を心がけます。

Essayの書き方について紹介してきました。ポイントをおさえてテクニックを身につけることで、ライティングが得意になると、会話にも自信がでてきます。ぜひ前向きに取り組んでいきましょう!

Featured

♥Farm Stay ♥Group1~Day5

あっという間に5日目となりました。毎朝の牧場の仕事も慣れてきて自ら考え自ら動く事ができるようになってきます。わからない事があっても英語でそれを聞く勇気も出てきました。
牧場のお手伝い後の朝のEnglish lessonはEconomicな内容も含みます。大規模な企業型牧場と小規模な自営酪農家がどうやって生き残って経営を継続しているのか…

この日の日程
★大規模な企業牧場North Ridge Dairy(Alford Farm)でのツアー、子牛へのミルクやり。
★Ice cream shopでのオーダー
★射撃ー本物ではありません。牧場では家畜を守るためライフルを所有している農家があります。アメリカの中で銃を所有していても不思議ではありません。そんな国での銃の危険性や仕組みを知る事はこんな機会でしかないかもしれません。