運営20年 – Marking 20yrs around!

Featured

It goes without saying that keeping a business for more than decades in any type of business takes a lot of effort and dedication. An international couple — unique upbringings that support others’ learning English language using both English and Japanese made so much sense for us to keep it going for 20 years. Now we know for sure that we’re making the right decision to keep doing what we love and are good at. Thanks to the hundreds of students who have trusted us and enjoyed the moments in the lessons with us. We’ll keep on going doing our best.

何百人という皆様の信頼のお陰をもちましてマティソンイングリッシュ、この度無事20年目を迎える事ができました。 経歴の異なる アメリカ人と日本人の2人がユニークなバックグランドをいかし英語を教える事に意義を感じここまでやってくることができました。教室を日本からNYへ移した時に支えてくださった日本の皆様、NY現地Harisonの皆様に本当に感謝です。これからは更に受講生の皆さんのニーズに耳を傾け分かりやすい、話しやすい、頼れる講師を目指し日々努力を重ねたいと思っています。

以降は受講生から頂いた大切な言葉です。これからも頑張っていきますので皆様どうぞ宜しくお願い致します。

受講生の声 VOICE

クリス先生・みおさんのサポートもあってKが英語を話す楽しさを知ることが出来ました。マティソンイングリッシュでの体験レッスンに伺った時、Kに使わせてくれたクリス先生自作のオリジナルのカード。とてもユニークであの時「あ、Kにピッタリの先生を見つけた!!」っと思いました。 Kにたくさんの楽しいこと、面白いこと、笑い飛ばしてポジティブでいること、いい影響を与えて下さりありがとうございました。一つ一つがKの財産です。 Y.N

お2人には、渡米当初の親子ともに慣れない土地での不安いっぱいの生活の頃からお世話になり、英語だけではなく、生活面でのアドバイスをいただいたり、悩みを聞いていただいたり、私の心の支えにもなっていただいており、本当に本当に感謝しています。
人気の教室だからなかなか受講できないかも…と色々な人に言われていましたが、受講を始めてみて、その意味がよくわかりました。今ではすっかり私も、お二人のファンです。Y.K

初の海外生活…不安ばかりでしたが、いつもメンタルをキープ出来たのはChris&Mioさんに相談出来る!という支えがあったからです。いつもお話しに行くのが楽しみでした。感謝の気持ちでいっぱいです… H.A

Whatever we experienced and enjoyed with you is unforgettable experiences. Thanks to Chris-san, Mio-san and your sons, we could have fulfilling days in NY!  We are looking forward to hearing good news again and we hope that we can go to Harrison again. Y.N

いつも温かいお言葉をいただき、心が救われてました。 NY生活においてMattisonは2人にとってもそして私にとっても忘れることのないかけがえのない場所です。 どうか2人のことをこれからも見守ってやってください。M.S

時が経つのはあっという間です。2016年★月に来て、体験レッスンを受けたのは翌月。ニューヨークに来てからすぐにマティソン英会話とご縁があって本当にラッキーでした。教えてくださった会社の方々にも感謝です。H.A

私達が★★や日本などへ住まいを移したとしても、マティソンファミリーのみなさんとずっと繋がっていたいと思っていますので、もしスケジュール都合がつけば、また家族でスカイプなどを利用してお付き合いを続けていければな、と思っています! J.N

今までおふたりにはよくしていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。人見知りで恥ずかしがり屋のTでしたが、暖かい雰囲気の中、英語だけでなく、アメリカの文化や生活について学ぶことが出来て良かったです。サマーキャンプは楽しかったようで、素敵な思い出は二人にとって大切な宝物になったと思います。本当にありがとうございました。T.T

クリス、ミオさんは我が子達にとっても私にとってもオアシスでしたよ。本当にお世話になりました。 この前初めてYが英検受けてみようかなー。なんて呟いてました。え!あの子が!と驚きました。ミオさんと英検の勉強が楽しかったみたいです。K.K

Nは毎週木曜日のレッスンで、楽しく英語に触れ、家でも良く、単語やなんとなくの文章を英語で話す機会が増えていました。
Chrisとみおさんには、本当にお世話になりました。感謝の気持ちでいっぱいです!S.F

ここハリソンに来て、右も左もわからない時からMioさん、Chrisさんには親子共々英語を通じて教えていただいたことがたくさんあります。本当に感謝しております。ありがとうございました!! M.M

Essay Writing

Featured


自分の意見にいかに説得力を持たせることができるか….10月の英検が迫る中、ライティング力に磨きをかけ頑張っている人も多いのではないでしょうか。

アメリカでは小学生低学年からFirst, Next, Then, Last といったように英文の書き方を習い始め、中学生辺りから本格的にEssayの書き方を指導されます。
基本的なEssayの習得は現地ニューヨークの学校では勿論、日本での検定試験、入試、面接にも対応できます。

Which season do you like best?

  1. I like summer best. – 結論 <introduction>
  2. I can swim at a beach. – 理由1 <topic sentence>
  3. Day light is longer. – 理由2 <topic sentence>
  4. I don’t have to wear a heavy coat. – 理由3 <topic sentence>
  5. Summer is my favorite season. – 結論 <conclusion>

これはThe 5-sentence Personal Essayというとてもシンプルで分かりやすいエッセイの書き方指導です。
あのJohn F. Kennedy もこの用法を使いハーバード大学へ入ったとあります。
下がそのオリジナルー Via JFK Library and Museum

John Kennedy JFK Harvard University Application Essay

ℚuestion “Why do you wish to come to Harvard?” Here’s what a young JFK had to say:

The reasons that I have for wishing to go to Harvard are several. I feel that Harvard can give me a better background and a better liberal education than any other university. I have always wanted to go there, as I have felt that it is not just another college, but is a university with something definite to offer. Then too, I would like to go to the same college as my father. To be a “Harvard man” is an enviable distinction, and one that I sincerely hope I shall attain.

April 23, 1935 John F. Kennedy

結論をサポートする理由を英検3,準2,2,準1級では2つほど書きます。1級の理由は3つ書くのが基本です。そして各段落(パラグラフ)の前後には下の様なフレーズや単語を用いると更にエッセイが読みやすく、理解されやすい文になります。

★I believe–/ In my opinion, / I agree with–/ From my point of view, / I support the idea that –/
★ Firstly, / To start with, / One reason that / First of all, / The first reason is that /
★ Secondly, / In addition, / Next, / Moreover, / Furthermore, /
★ Lastly, / At last, / Additionally, / In comparison, / On the other hand, /
★ In conclusion, / To conclude, / For the reasons above, / In summary, / To sum up, / As I have stated above, /

上のシンプル5行エッセイを基礎に、更に段落に言葉を加えていくと下の様な構造となります。

  1. Introduction
    – Hook 興味を引くセンテンス
    -Thesis Statement エッセイの主題
    – Briefly introduce 3 topic sentences 簡単な3つの論点の投入
  2. Topic Sentence(1st piece of support the thesis) 主題をサポートする論点
    – Elaborate the topic sentence 論点の詳細
    – Provide an example/ evidence/ quotation 例、証明、引用
    – Explain the importance of the example/ evidence/ quotation 上の詳細
  3. Topic Sentence(2st piece of support the thesis)
    – Elaborate the topic sentence
    – Provide an example/ evidence/ quotation
    – Explain the importance of the example/ evidence/ quotation
  4. Topic Sentence(3st piece of support the thesis)
    – Elaborate the topic sentence
    – Provide an example/ evidence/ quotation
    – Explain the importance of the example/ evidence/ quotation
  5. Conclusion
    – Rephrase your thesis フレーズに変化させ主題を再主張
    – Summarize your 3 topic sentences 3つの論点のまとめ

エッセイの練習をしていて気をつける点です。
1. 論点を挙げる順序
日本文
<詳細>だから<論点> です。
英文
<論点> です。 なぜなら<詳細> です。

2. フレーズや単語のワンパターン化をさける
英語は同じような言い回しや、単語の使用を避ける傾向があります。類義語を使い表現がワンパターンにならないようにする。

3. エッセイのタイプにより1人称を使わない
「Argumentative/Opinion essay」は、自分の意見を述べるものなので、「I think」や「I believe」のような言い回しが使われることがあります。 しかし、客観的に述べるEssayでは一人称を使用しません。 あくまでも事実をもとにした客観的な書き方を心がけます。

Essayの書き方について紹介してきました。ポイントをおさえてテクニックを身につけることで、ライティングが得意になると、会話にも自信がでてきます。ぜひ前向きに取り組んでいきましょう!

♥Farm Stay ♥Group1~Day5

Featured

あっという間に5日目となりました。毎朝の牧場の仕事も慣れてきて自ら考え自ら動く事ができるようになってきます。わからない事があっても英語でそれを聞く勇気も出てきました。
牧場のお手伝い後の朝のEnglish lessonはEconomicな内容も含みます。大規模な企業型牧場と小規模な自営酪農家がどうやって生き残って経営を継続しているのか…

この日の日程
★大規模な企業牧場North Ridge Dairy(Alford Farm)でのツアー、子牛へのミルクやり。
★Ice cream shopでのオーダー
★射撃ー本物ではありません。牧場では家畜を守るためライフルを所有している農家があります。アメリカの中で銃を所有していても不思議ではありません。そんな国での銃の危険性や仕組みを知る事はこんな機会でしかないかもしれません。

🚜Farm Stay🚜Group1~Day3

Featured

ループ1の第3日目です。

🍀朝は毎朝変わらず豚さんのお世話

🍀英会話レッスン

◽American Culture and Manner

◽Farm terminolog

🍀アクティビティ

✅乗馬

✅馬の手入れ

✅化石採集

✅チキンの卵拾い

✅乗馬用ステップ作り

✅アーミッシュ一家での野菜採集

✅キャンプファイヤー

1日にこれだけこなすには体力を要します。朝の7時半から夜は11時まで学びと体験の中で逞しくなっていく皆を見守りました。

Farm Stay Group1 ~Day1

Featured

2019 Mattison Farm Stay has successfully finished.
Now, we would like to share some pics from the group1.

~The most difficult thing to us was to let them figure out things by themselves without us guiding through everything~

Because we believe failing or making mistakes is an okay thing, so then, how you fix it or come up with a solution is the learning.

★FARM STAY STARTED★

Featured

~Not a moment of life is wasted on a farm~

Mattison Farm Stay 2019 has started.
A little update between our sessions while we are back to Harrison, NY for a few days.

Our first group was from all different ages and backgrounds. It’s great to see them work hard together and get along so well.
Our focus on this program is to let them experience wonderful North-eastern American farms while we teach practical English,agriculture economy, environmental issues and American culture.

As each day went by, we saw changes in them.

They were able to see what was happening to take responsibilities independently, but still work together.
There are so many things we would like to tell you.
Since we’ll start another session on 7/31, we are focusing on preparation now.

We’ll be on the farm without internet for a while again, so we apologize if we can’t get in touch with you quickly.
The whole new 2019 farm stay experience will be updated in August!
Have a great summer everyone!

Water Rocket Science

Featured

ここNYでは既に夏休みが始まり、マティソンへも元気な子供たちが英語を学びながら色んなアクティビティを体験しに来てくれています。
今回はBaking SodaとVinegarを使ったロケットサイエンスに挑戦です。

120分レッスンの開始は、先ずはロケット制作から。
TPR(Total Physical response) ;英語を耳で聞き、手を動かし作業を進める。わからない時は質問。羽の付ける位置やデザインなど皆説明を聞き逃さないように真剣に取り組んでいました。

そしていよいよロケットが完成し、公園へ移動~。
自分の作ったロケットがどのように発射するのか早く打ち上げたくて仕方ない様子のみんな。
このロケットはBaking SodaとVinegarが反応しCO2が発生しその気体の圧力で勢いよくロケットが発射します。講師の説明をしっかり聞き、危険のないように注意を払いいざ発射!
想像以上の迫力に子供達も大興奮!

お酢が服に飛び散るハプニングもありましたが、今回のアクティビティで英語や理科がますます好きになってくれたと思います。

Look at their smiles!
It’s hard not to be excited about launching rockets into the air.
This activity was a success. Everyone built their own rocket from scratch and each of them left the launch pad and flew high up into the air! Each of the participants were so into building their rocket they lost track of time.

We studied about the 2 processes used in launching the rockets. The chemical reaction between baking soda and vinegar took a bit longer than using the air pump but it was great to hear the screams of surprise when the rocket blasted off.

These TPR activities are perfect for getting everyone involved, speaking and learning new vocabulary and natural expressions!

Email: chris@mattisonenglish.com

Farmstay Preparation🌻ファームステイ準備

Featured

Farmstay Preparation🌻ファームステイ準備

We visited our family farm over Memorial Day weekend. Although it was a short stay, it was productive as we could talk face to face to most people involved. Topics: Activities, educational content, safety and food😊
Seeing their faces and talking about it gave us a great vibe. The time has come again.

We turned on our switch‼

We appreciate everyone who cares about this growing program and supports us!

今週末、メモリアルデーという米国の祝日を利用してマティソンのファミリー牧場へ足を運び、ファームステイの打ち合わせをしてきました。

実際にプログラムに関わる家族、親戚に会えると

今年もこの時期がやってきたなぁ!!

と、気合いが入ります。

打ち合わせではプログラムのコンセプト、アクティビティ内容、食材、安全対策について話合いました。今後はもっと細い内容を少しずつ具体的に決めていきます。
毎年私達の目指すプログラムの方向性を理解し協力してくれる家族皆に本当に感謝です。

満員御礼☆Farm Stay2019

Featured

Farm Stay 2019 is SOLD OUT, THANK YOU!
Again, we get to introduce a whole new world to 10 of our great friends.
We are so excited for both A and B Mattison Farm Stay sessions. During our farm stay, participants will learn and experience about;

☆sustainable farm living in modern society(economy)

☆American culture and manners(sociology)

☆building strong English communication skills(English Language)

We can hardly wait to see them! Please keep your eye on our upcoming program. Thank you for your support!

2019年のファームステイの参加者10名が決定しました。
昨年に引き続き日程A(7月)と日程B(8月)各日程がお陰様で両日程満席となりました事をご報告します。今年も日本から新たに数名参加してくれることになりどんな出会いとなるか今から楽しみにしています。

*経済学-持続可能なアメリカ農業と現代社会との関係

*社会学/環境学-アメリカ文化とマナーそして自然環境

*英語-発信する力、コミュニケーション能力を鍛える英会話


マティソンのファームステイでは上にある3つのコンセプトを柱に学びます。多くの新しい事を発見し、参加者それぞれがそれを将来に繋げていってほしいと願っています。ファームステイ2019、大草原の中で培ってきた古き良きNYの家族、マティソン一族が誠心誠意をこめてお届けます。今後のアップデートをお楽しみに…

🐥Easter Week 2019

Image

Happy Easter to everyone!

We are enjoying our annual Easter egg coloring throughout the week. We love to pull out each student’s interest to make it into a deep conversation while we color eggs. Seems like they are more comfortable talking about their lives when we are just chatting like this.
今年の感謝祭はとても遅く4/21です。マティソンでは毎年好例のエッグカラーリング週😉まったりとした自然な雰囲気があるからこそ話したい伝えたい…と思える。片言の英語で必死に伝えようとする生徒さんがとても愛おしく、癒され、教える側が逆にパワーをもらっています💖

週末まで続くこのアクティビティ。楽しませていただきます🤗

FARM#3- Collins Knoll Farm LLC

Featured

こんにちは

今回はファームステイ期間中、一番初めに訪れる牧場、コリンズノール牧場のお話です。

こちらは講師クリスの従兄弟マリリンの牧場です。NY州での牧場サイズはミドルクラス級。牛の数は約1500頭です。

きれいに整備されたこの牧場の牛達は牛舎のベットがウォーターベット😲ふわとろです。

更には少し大きくなった子牛達の飲むmilkは全て子牛達が付けているチップからコンピューター内で把握されていてそれぞれの飲むミルクの量が的確に機械で計られています。子牛がミルクを飲みに来るたびに新鮮なミルクを毎回ロボットが作り与えていると言う無駄のない飼育の仕方… びっくりです。

ラッキーなら子牛のお産も見学できます。生命の誕生はいつ見ても感動で言葉に表せない気持ちになります。

トラクターにまたがったり、サイロに登ってみたり。ファームステイの始まりには最適な古き良きアメリカ的な牧場を体験します。

コリンズ牧場のフェイスブックページはこちらです:

Games to Learn With

Featured

Here is a great game that involves all skills, reading, writing, speaking, listening with lots of laughs.

折り紙でぴょんぴょん跳ねるカエルをおってリーディング、ライティング、スピークング、リスニングの全ての能力を磨きます。大笑いで!

牧場FARM-#2 Mattison Corner Farm

Featured

<FARM #2-Mattison Corner Farm>
今日紹介するのはファームステイで訪れる2つ目の牧場Mattison Corner Farmです。ここは主催者Chrisの実家で家族Richard&Barbの牧場です。

主にジプシーホースという種の馬とアーミッシュ一家が所有する馬が合わせて8頭ほどとオリに入っていないケージフリーのチキンが20-30羽います。
ここでは乗馬体験、馬車に乗ったり、馬のお世話をしたり(毎日ではありません)馬さんとの遊ぶといった感じです。
その傍らニワトリが産んだ卵をアチコチ探し見つけたら持ち帰り翌日の朝食でいただきます。まるで宝探しゲームの様。でも一生懸命卵を温めている母ニワトリを目の当たりにして「I wanna warm this egg!」と言い始める子供たち。

昨年はこの牧場の愛犬エディの散髪とお風呂に入れてあげることも一緒にさせてもらい楽しかったね。ネコも何匹もいて子供たちそれぞれ自分の時間に浸って楽しんでいました。

Mattison Corner Farmのfacebookサイトはこちらです: Mattison Corner Farm


牧場-#1 Mattland Farm

Featured

この夏マティソンイングリッシュが開催するファームステイでは4つの牧場を見て体験します。今回はこちらMattland Farmのご紹介です。

Mattland Farmは150年の歴史を持つマティソン親族が運営する牧場です。
牧場の規模としては小さく150年を感じる牧場です。牧場主は元気いっぱいのMarkさん。Chris(Mattison English代表)のいとこになります。家畜は主に豚と牛。プログラム開催中はこちらの牧場で1週間お世話になります。
毎朝8~10時に豚小屋のお掃除、エサやり、そしてブタちゃんの床にきれいなワラをひいてベットを作ってあげたりします。牧場の愛犬マックスもみんなと一緒にウロチョロ…

プルグラム中、食卓に並ぶステーキやソーセージなどのお肉は全てこの牧場から調達してきます。参加者はみな感謝の気持ちで美味しいお肉をいただきます。
1週間の密着した牧場生活後は自然と生き物と人間の関係を理解することができるでしょう。

Mattland Farmのfacebookページはこちらから:
https://www.facebook.com/Mattland-Farms-204701146274598/

Exam Season

Featured

January… is a tough month right after holidays for students who are about to take exams regardless of whether they are in the US or Japan.

Entrance Exams from private middle schools to universities, Eiken tests or NY local school’s Midterm exam&SAT test…
We hear their scream, fear and some confidence. We take it seriously and get anxious as well.
But we believe their efforts that they put into for a long time for their tests will pay off. Hope to see their big smiles with great results.
We will continue to work with them and support anyway we can.
You…WE are almost there!!



New Year2019

Featured

Dear friends, 
☆Happy New Year2019☆

We want to wish everyone a blessed and peaceful New Year.We entered 2019 with a stronger commitment to teaching English and our summer farmstay program.

We feel that people are more and more serious about learning English every year and that communicating with others is the key to peace and understanding in the world.

We want to continue to be involved in the process of those who put their strong efforts into becoming great communicators. 

We thank everyone for their support of Mattison English for 19 years and look forward to seeing everyone in this new year.

Chris and Mio 
Mattison English

Holiday Season Activity!

Image

 

 

Last week, our students asked, ” When do we make ornaments this year?”

Today, we have officially started making ornaments in our classes.

We write our names and the date on the back of each ornament to help remind us later of the struggles and accomplishments we had throughout the year.

Holidays like these are times to remember and make even more special memories. We hope to share our family traditions with all of our students as well.

It’s beginning to look a lot like Christmas!

Ornament

Farmstay2018-successfully finished!

Status

 

This slideshow requires JavaScript.

Wow! We are so excited that two groups attended our Farm Stay this year. We’re so happy to offer these experiences that so many people have never experienced! We feel it is so important to experience these things first hand and not from a textbook.
今年も怪我もなく無事ファームステイが終了しました。初めてトライすることを沢山経験し参加者のみんなは色々と感じ、考えたことでしょう。Mattisonならではの充実したプログラムを振り返ってみます。

Our focus in this program was for students to use English in everyday situations on and off the farm on the following 3 topics:
プログラムで注目した3つの柱は…

1. Environment+Social+Economic⇒ Sustainable development
2. Strong English conversation skills
3.  American culture and manners

These experiences added depth to our students’ characters and wisdom about the world around them. It wasn’t always pleasant for all who joined because they were immersed in the local culture. It was a totally new way of life for them. Because of that, each individual stayed focused on English to learn to understand and respect others and their culture.
今回の経験で自然と生き物は環境の中で大きな役割を果たしてくれている事を感じてくれたと思います。参加者に年齢差はありましたが地球上の生命は、人間のために存在しているのではなく、人も地球の生命の一員であり、豊かな自然や生物の多様性がなければ生きてゆくことは不可能だとゆうことを5つ日間の家畜の世話やりや、マティソン家の家族やアーミッシュの人々と接したりすることでそれぞれが心の中でしっかりと感じてくれたと思っています。
<English Lessons>
☆How to prepare fishing pole-Total Physical Response/casting practice
☆Ecological footprint-Ecological footprint calculator/presentation
☆Table manners-proper way to eat and communicate at the table/presentation
☆Nature/Agriculture relations to modern life-what to be careful of in the wild/respect and observe nature
☆Creative writing-review the week and write an essay

<Program activities>
☆Taking care of pigs in the barn every morning-feeding/cleaning/bedding
☆Fishing at the beaver pond-Rowing the rowboats/observing beavers
☆Setting and checking infrared camera in the woods
☆Visit Amish family next door
☆Meeting Mattison family, relatives and friends
☆Horseback riding/carriage riding
☆Fossil hunting
☆Egg hunting
☆Night Hiking/Stargazing
☆Build Bonfire/Marshmallow roasting/drumming
☆Tie-dye T-shirt making
☆Cooking meals together
☆Swimming&kayaking at the lake
☆Ordering at the shops and ice cream shops
☆Collins Farm Tour-over 2000 cows
☆Locust Hill Dairy Farm Tour-over 4000 cows

One week was a short time, yet all of our students accepted the challenge to different degrees and that was one of the fun parts of such a program. Please look through the photos and ask us lots of questions.
We truly loved our farmstay2018. Thank you to our Mattison family and friends who were part of us and to support our program!
1週間は本当に短いものですが、参加者一人一人が自分と向き合い大切な事をつかみ取ってくれました。このブログを読んで興味を持たれた方、どんどん質問してください。
メール→chris@mattisonenglish.com
今年も更に充実した内容でプログラムを進めることができたのも家族である息子2人、マティソン親族のおかげです。
この熱い情熱が爆発している間に前のりになって、更に来年の事を話し始めているChrisと私です。皆さんありがとうございました。

Great start! Farm Stay- session 1

Featured

Just a peak of our Summer Program….

Farm Stay2018 started on 7/21. For this session, the biggest thing we worried about was “rain”….
Good thing we were very flexible with our activities and kids were so up to everything we scheduled.  We ended up doing pretty much everything we planned to do!

We love the feeling that everyone starts to open up and be themselves to soak up the new experiences. By the end of the program, we were just like one big family. Even the Amish were surprised to see such a big family!

A student from Japan promised to come back as she headed back to Japan with a lot of great memories today.

We are looking forward to starting the next session on 8/1! We’ll organize and update all of the pictures and details after both sessions are finished! So please stay tuned!!

ファームステイの中間報告を少しだけ…

悪天候を心配しながら前半となるセッション1が7/21に始まりました。
子供達は天候で予定が変更してもいつも軽く”OK!!”と返事をしてくれ何事にも好奇心一杯な姿勢で取り組んでくれました。

開催側として感動するのは、参加者が日に日にお互いにオープンになっていくのを見守りながら、子供たちが新しい体験を全身で感じ取っていっている空間を共有する時です。そしてプログラム終盤に感じる大家族の様な感覚!出会ったアーミッシュ一家にも家族と思われるほどみんなが仲良しになりました。

そしてプログラムが終わった今日、今回日本から参加していた生徒さんは「高校卒業したらきっと来るから!」と約束し泣きながら飛行機に乗り込みました。Mei, you are always welcome to come back.

そして更に、8/1スタートのsession2の開催も楽しみにしています!た~くさん写真を撮りましたがsession2終了後に一斉に整理し詳細をこのブログにアップしますね。
お楽しみに~!!

来週スタート-Farm Stay2018 Starts Next Week

Image

 

We’re excited to be starting our Farm Stay next Sunday.
Everything is all set. We’ve got the Kayaks, boat, and fishing poles ready to go! We’ve spoken to everyone involved and they are also excited to see us all.

Our groups will be heading to 3 working farms as well as Mattison Corner Farms.
1. Mattland Farms: Lodging and Morning chores on a daily basis.
2. Collins Farm: Cow milking experience
3. Alford Farm: Tour of the modern farm that has over 2000 cattle.

We will introduce our students to a wide variety of American Farm lifestyles including a visit to our Amish neighbor’s homestead. It’s going to be a fun-filled time packed full of activities and opportunities to learn and communicate using English. Please stay tuned for our updates.

Farm stay2018ももうすぐとなりました。5-6月と自宅の引越し、教室の引越しとバタつき牧場での最終チェックが遅れましたが、先週週末7/7-8はChrisと二人で牧場へカヤックや寝具カバーなどを運びに、そしてマティランド牧場との最後の打ち合わせをしに出かけてきました。

マティランド牧場で調達するお肉の注文、アーミッシュ一族との打ち合わせ、クリスの母や父とのアクティビティの計画。今年も充実しそうです。

そして今回はマティランド牧場にお世話になる以外に、マティソンの所有するもう一軒の親戚の牧場にもお邪魔する事になりました。
牧場の体験としては、今年は三軒の牧場を体験することになります。

1.マティランド牧場-個人畜産農家約60頭牛&40豚-親戚
<主にブタちゃんの管理のお手伝い>

2.コリンズ牧場-個人酪農家1000頭以上-親戚
<家族経営の乳牛牧場で乳しぼり体験>

3.アルフォード牧場-大規模酪農企業2000頭以上
<現代化された酪農内をガイド付きで見学>

とても楽しみです。2019年のファームステイにご興味のある方はこちらへメールでお問い合わせください。
chris@mattisonenglish.com

 

MOVING☆教室引越し

Featured

We are moving.

Empty shelves. After 4 years of teaching English in Harrison, NY, we are relocating Mattison English to our new home in Harrison, NY.
We appreciate all the opportunities we had that led us to where we are about to start.

From next week on July 2, we will start our lessons from our home in Harrison, NY.
We are looking forward to having lessons as we had back then in Japan; outdoor, cooking, and weekend activities.
We are so looking forward to starting from our home.

空っぽの棚。ハリソン駅前教室での4年の月日が流れ、来月7月からはマイホームでのレッスンを開始します。駅前教室とマイホーム間の距離は100m程。生徒さんの事を一番に考え5月に購入した家です。ハリソン駅からも徒歩3分。日本からの来客も歓迎します!

ここに至るまでの色んな方とのご縁に本当に感謝しています。これからは自宅で日本で行っていた様な屋外アクティビティ、クッキングそして週末アクティビティなどを組込んだレッスンも加えていきたいと思っています。
来週からのレッスンを楽しみにしています。

Last day

12yr Reunion -12年ぶりの再会

Featured

A student we haven’t seen for 12 years came to visit us for a few days this spring. We were really happy to welcome her. She was one of the students that attended our 1st FARM STAY in 2006.
She is going to research agriculture at the University of Hawaii this fall.
We are very proud of her that she is following her dream and improving English communication skills. This is a purely happy moment for us as English professionals. We would love to hear from our students and for them to come to visit us.
Seeing her was very motivating for us to concentrate on this year’s FARM STAY2018.
We hope to see her again.
この春12ぶりの再会となる日本の生徒さんがNYのマティソン宅へ訪ねてくれました。嬉しいですね!彼女は2006年のマティソンファームステイ初回に日本からNYの牧場へ連れて行った子です。
見事に成長していた彼女はこの秋からハワイ大学で農学の研究をするらしいのです。目的を持ちそれを追い続け英語上達にも努力をしている彼女の姿を見、とても誇らしく思いました。これは英語を仕事としている私たちにとって生きがいを感じる瞬間です。
これからも色んな生徒さんからの連絡や、みんなが遊びに来てくれることを楽しみにしています。
今年の夏のNYファームステイ前にこうやって初回のファームステイ参加の生徒さんと再会でき、私達は益々この夏が楽しみになりました!
彼女とまた再会できる日を楽しみにしています。

Special Visitors from JAPAN!☆日本からのスペシャルゲスト☆

Featured

19059912_1916629095021983_3650592538123166257_n

This spring,  we had special guests from Japan! Currently, they are our online students taking lessons every week from Japan. They flew from Japan using their spring recess.
It was so nice to see them in person!
Mattison English is so proud that many students stay connected with us and visit us from halfway around the world.
We believe the strong teacher and learner connection is one of the really important keys to improve toward anything they want to achieve on any level.

日本からのスペシャルゲストは現在オンラインレッスンで受講中の姉妹!春休みを利用しNYの私達に会いに来てくれてました。2年ぶりに直接こうやって対面した二人はとても大きく成長してました。
こうやって地球の反対側からでも繋がっている、そして遥々会いに来てくれる生徒さんが毎年いるという事はマティソンにとり本当に嬉しいことです。
何を学ぶにしても、どんなレベルで学ぶにしても、教える人と学ぶ人の心がしっかりつながっている事は大きな飛躍につながるポイントだと日々感じています。

満員御礼☆ファームステイ2018 –Farm Stay update

Image

We get to introduce a whole new world to 10 of our great friends.
We are so thrilled that both Schedule A & B sessions of Mattison Farm Stay are full! I can’t wait to show and teach them all about nature, wildlife, American culture and natural foods!

2月末の締め切りを待ち、マティソンファームステイ2018の参加者が決定しました。
今年は日程Aと日程Bを用意し各日程5名ずつを募集しましたが、お陰様で両日程満席となりました事をご報告します。今回は日本からの参加者もいる為更に興味深い内容となりそうです。
古き良きNYの自然、環境、農業、野生動物、食文化など子供たちに体感してもらい事が山ほどあります!この夏も素晴らしい夏になりそうです。

締切2/28「2018ファームステイ」

Image

日本から参加募集中
「2018 Farm Stay ファームステイ」

夏休みファームステイ開催地域
アメリカ合衆国 ニューヨーク、パラスカイ町(Syracuse, NY近郊)

お子様対象年齢
小学5年〜高校2 キッズ単身参加

開催日程
夏休み中:A日程:2018年7月21日(土)〜7月29日(日)8泊9日

アクセス
日本 ⇔シュラキュース, NY

送迎
あり[シュラキュース空港ピックアップ/往路復路]
宿泊
マティソン牧場 Mattland Farm
583County Rt. 52, Richland NY 13144
ホームページ:http://www.mattlandfarms.com/
食事
朝・昼・夕食付
マティソン牧場の牛肉、豚肉、卵等を含む

イングリッシュポリシー
現地での基本言語は英語

プラン内容・費用内訳
<プログラムに含まれているもの>

  • Syracuse, NY空港お迎え・お見送り
  • 現地オリエンテーション
  • 登録料
  • お子さまのアクティビティー費用
  • ファームステイ(宿泊費)
  • 食事代(朝・昼・夕 滞在中毎日3食)
  • 滞在中のカウンセリング
  • 現地在住日本スタッフによるサポートサービス
  • 24時間緊緊急連絡ダイヤル

<プログラムに含まれていないもの>

  • 航空券
  • 航空会社のサービス
  • 海外障害保険
  • 現地小遣い

サポート

日本語サポート:あり

  • 日本語サポート(準備期間[メール]〜 現地[対面])
  • 渡航前のご相談・カウンセリング・現地情報のご提供
  • 現地でのカウンセリング(ファームステイ生活・滞在のこと何でも)
  • 保護者さまへのご連絡

参加費
$2000(約22万円-11月2017現在)

備考・注意事項

プラン参加時までに日本の年齢に応じた予防接種を済ましておいてください。お申し込みにあたって、心身ともに健康であること。

支払い方法

海外送金(銀行郵便局などの各種金融機関を通じてお支払い)

お申込期限

2018年2月28日定員になり次第締め切られます。

キャンセル ポリシー

ご入金後、現地到着4週間前までのキャンセルに関しては、プログラム参加費50%がキャンセル料となります。

提供・主催者
Mattison English Inc.
260 Harrison Ave, Harrison NY 10528

Holiday season 2017

Image

Hope everyone is enjoying getting ready to celebrate this holiday season.
Last week and this week, Mattison English is making salt dough ornaments with our students as a holiday activity.

While we’re making ornaments, we talk to students about the good things and bad things that happened this year, places they went, new things they tried, friendships and families etc… really festive!
But even during fun activities, we still challenge our students to talk all in English. Being able to tell their feelings in English isn’t an easy task to most of our students. It takes a total balance of a creative thinking, grammar skills, and enough vocabulary.

But what we really focus on the most is “the relationship” between each of our individual students and us.
That is the feeling which makes them want to talk to us.
Nobody wants to talk or share their feelings with someone they don’t like.

Luckily, our students had so much to talk about and the time just flew right by. We love our students and we want to continue keeping these great relationships with them.

Mattison English will be closed from 12/24~1/2 for holiday season.

Collage Sentences from Magazines

Image

What a bunch of laughs!
We cut out words from magazines, and this is what we came up with?
The more outrageous the better.
It’s so cool to see personality and imagination!

One of my favorites by a 2nd grader was, “Pay $400 for my gold mashed potatoes.”
Try it!  20708358_1669077189777176_32773251112471802_n

DAY5 FARM STAY

Image

 

IMG_9142

 

 

DAY6
明日は朝10時には牧場を出発し、Harrison, NYへ帰る日なので実質今日が最終日。
牧場のChoresも今日が最後。
数日の体験をこなしみんなたくましくなりました!

“I thought it was stinky at first, but it smells good now!”
とコメントする生徒を見て嬉しそうに微笑むMark.
”You guys, come back anytime!”
と声をかけてくれました。

日々の忙しい牧場運営の中、生徒を快く受け入れ丁寧に家畜の性質、牧場の流れ、今の私達が自然、環境とどうやって関わって生きているのかを分かりやすく説明してもらえたこの数日間はとても貴重な時間でした。
Thank you, Mark!

最終日の午後は参加者5人が2チームに分かれ、近所のお宅にお邪魔しデザートを一緒に作り持ち帰るというアクティビティを行いました。
9年生になる男子2人はRich&Debbie宅へ、5年生3人組はJean宅へそれぞれ分かれ、片方はアイスクリームケーキ、もう片方はクッキーを焼いて帰ってきました。
クッキングを楽しむという事以外に日頃あまり機会のない現地住民と関わる機会を持つことで、より本場アメリカの雰囲気を感じながら実践的な英語を磨いて欲しいと願っています。
子供だけで初対面の人の家にあがり、クッキングを共にするなんて事はあまりないですよね。
受けれてくた現地のアメリカ人は私達の親族や、友人だったりすることもあり、とても良心的であたたかい心の方々ばかりでした。
今回のファームステイで素晴らしい人々に沢山出会えた事は子供たちにとっても大きな思い出の1つとなることでしょう。
約数時間のクッキングを終え、最終日の夕食はTailwater http://tailwaterlodge.com/  にて習ったレストランオーダーを各自で実践。
テーブルマナーも日本とは少々違います。English lessonで触れたマナーについても各自良く守って食事ができました。
数日間ずっと牧場で自炊生活が続いていたのでレストランでの食事は新鮮でしたね(^_-)-☆
でもやっぱり牧場のステーキの方が美味しかったかなぁ….

ロッジに帰宅後は素晴らしい夕日の中でロッジの裏のHey(干し草)をコロコロ押したりしながら各自のんびりと過ごしました。
夜は最後のBon Fire。火をおこす事も自分達でやれるようになりました。Chrisの母Nanaや妹Pattyも子供達に会いに来て一緒に最後の夜をゆったりと過ごしました。

翌日に朝は牧場Choresはありませんでしたが、Markが見送りにやってきてくれました。元気に手を振ってサヨナラです。これで1年間計画してきたファームステイ残すところ6時間の安全運転で終わります。どんな事をどんな風に両親に伝えるのだろう。1人1人の思い出話をご両親と一緒に聞きたいなぁ

最後に….

1週間の牧場体験は短いものです。6日間一緒に生活をしている間に子供達との距離が益々縮まり、まるで大家族になったような一週間でした。
この感覚がなんとも嬉しく来年もやりたい!と思えるのです。
今回のプログラムに関わった関係者はほぼマティソンの身内の者なので、親族内でも達成感がいっぱいです。

子供達からは、
”I can stay longer”
”I want to come back!!”
”This Farm stay woke up my wild side.”
と笑顔の言葉。牧場に来たばかりの少し心配そうな表情とは別人です。
5人のたくましい笑顔をとても誇りに思います。

普段はNYの現地校や日本人学校に通い、習い事や宿題で毎日忙しくしている子供たちだけど、今回の様な牧場体験、自然体験を通して、自然や運命と向き合いながら生きる動物や人の関係を学び、言葉では表しきれない大切な事を感じ取ったことでしょう。そしてこの様な経験が彼らの人生観を大きく左右していくと思っています。

2006年に初めてこのファームステイを開催した私達は、元々は日本から子供たちを連れてきて牧場体験をしていましたが、2013年に私達がJapanからNYへ移住したことをきっかけに今回の参加者は全てNY在住の子供達ばかりでした。
日本からお問い合わせくださった皆さん、ありがとうございました。
来年以降は日本からの参加者の受入れもできるよう準備が整えれたらと話しています。
ご質問、お問い合わせはchris@mattisonenglish.comまでよろしくお願いします。
See you all next summer!

 

 

DAY 5 -ファームステイ-FARM STAY2017

Image

20292177_1650628404955388_1028150500_n

DAY5
さぁ、後半戦です。
牧場体験にも慣れ匂いにも慣れました(^_-)-☆
朝8時スタートのChoresも残すところ今日と明日のみ。
1匹$75のPigletをHarrison, NYの自宅へ連れて帰れたら…と妄想に浸る余裕さえ出てきました。

牧場の朝食ソーセージと拾い集めた卵で朝食を済ませ、本日のEnglish lessonはリラックスしてカードゲーム。
リビングでゆったりと笑いの溢れるグループゲーム。
他人同士の5人の生徒が一緒にファームステイを共にするにつれ少しずつほぐれていく感じを見守るのがとても楽しみなChrisと私。
感心したのはこのファームステイ中殆ど英語のみで生活をする子供達の前向きな姿勢。
わたし、Mioが100%の日本人とわかっていながら(日本サポートがあることを知っていながら)それを頼らない子供達にたくましさを感じました。

雨模様と分かっていた本日のアクティビティは事前に変更しNorth Ridge Farm見学ツアー。
このNorth Ridge farm はかつてマティソン牧場が営んでいた乳牛牧場です。
規模はとても大きく24時間休みなく軌道している牧場。
お乳を供給してくれている牛さんの数は約3000頭!
施設の規模も毎年拡大されていて、Markの小規模牧場とはとても対照的。
ハイテク社会を利用し、1頭1頭の健康管理やエサの分量、ミルクを絞る量などは全てコンピューターてシステム化されていました。
田舎の大自然中に君臨するハイテク大牧場を目の当たりにし啞然なChrisと私。
5人の子供達にはどう映ったでしょうか……..?
このNorth Ridge Farmツアーに関しては、ツアー前により詳しいEnglish lessonが必要と感じました。
しかしながら、来年につなぎたいと思える素晴らしい酪農運営。
この機会を与えてくれた皆さんに感謝します。
こちらがNorth Ridge FarmさんのFacebookリンク↓
https://www.facebook.com/NorthRidgeDairy/?fref=ts

牛さんをいっぱい満喫した後はPulaski村でお昼。
”Mr. Sub”はChrisが子供のころから通い慣れ親しんだDeli。
約35年以上この地域に君臨するフレンドリーなDeli。
Salmon River Falls下流の川岸でお昼。
15本のwingsを残さず食べたR君はすごかったです。

遅めの昼食後はお疲れモードと思いきや、2人の男子がビーバー池でもう一度釣りをしたいとな。
お疲れの3人を横目に2人の男子とChrisがビーバー池fishingへリベンジ!
「2時間くらい~」と出かけたChrisですが、3時間たっても帰ってこない….
始まったよ….
釣りに行くと必ずと言っていいほどお約束帰宅時間をオーバーするChris。
牧場バーガーをスタンバってグリルのタイミングを待つ私。

やっと帰ってきました。
死にそうに疲れていると思った2人の青年の目は輝き、興奮した声で釣り上げた魚について話してくれました。
パワフルだなぁ。
素晴らしい。

準備していたバーガーは2人の9th graders によってGrillされ美味しく頂きました(^^)/

夜は落ちてくるような夜空を満喫。NYの夏は夜9時まで暗くなりません。毎日アクティビティ続きでお疲れの子供たちは毎日この夜空をみることなく寝てしまいます。
今夜は何とか全員を夜11時に外に出すことができ、夜空を背景に写真と撮ったり、夜景の撮り方を教える事が出来ました。子供たちはロッジ前の道路に寝転んで夜空観察。
何度も流れ星を見ては感動。

ここ数日はコヨーテの遠吠えを聞きながら夜を迎えています。
大自然あふれるファームステイ。
残すところ1日……

 

Image

 

DAY4
朝の牧場Choresはだいぶとなれてきました。
お世話の流れを理解し、動物たちとの距離も近くなり、動物たちも5人に慣れてきたようです。

私は毎朝、みんなより30分ほど遅く牧場に顔を出すのだけど、テキパキこなせるようになってきて毎日Choresの時間が短くなっているのに気づきます。
匂いにも慣れてきましたね!

今日のレッスンはオモチャのビービーガンを使って屋外レッスンです。
TPR(Total physical response)。
“How to safely hold
How to safely carry
And how to safely use”
銃が認められる国アメリカ。
賛否両論ですが、田舎での銃の使用は家畜を守ったり、自然社会から自身の身を守るためであったりし、多くの牧場主は銃の使用法を心得ています。
おもちゃのビービーですが、本物の銃と同様の使用法と危険性、大切さをレッスンで話しました。
子供たちは真剣に話を聞き、しっかりと使い方を学んでいきました。

緊迫した時間が過ぎ、あっという間に昼食時に。
暑い今日は「そうめん+すいか」
「あんまりお腹すいてな~い」
といってた人もバクバク食べてくれていました。

午後のアクティビティはswimmingとkayak。
今年の春は例年以上の降水量で、予定していたLake Ontarioのビーチが水没してしまったので急きょ場所をupper reservoir(貯水池)に変更です。
本当はswimmingだけの予定でしたが、このファームステイ開催直前にkayak4そう購入したため子供達にはサプライズ!
4そうも8人乗りのバンにはつめないため、膨らむゴム製のものを用意。
驚いたのは空気を入れたり、抜いたりのがとても簡単だったこと。
4そうも購入してどうなることかと思ったけど、意外とあっさりと準備できました。

子供たちは自然の中で思う存分swimmingとkayakを満喫した様子です。
upper reservoirの良い所は毎回ほとんど貸し切り状態だとゆう所です。
プライベートビーチ!

帰路はSamon River Fallsへ立ち寄り滝の上から高さを感じてきました( ゚Д゚)
Richland, NYへ行くときはここへ立ち寄ることを是非お勧めします。
昔は何も手を付けられていない壮大な滝という感じでしたが、近年は遊歩道も整い滝の上から谷底まで覗ける様になっていて迫力満点です。

ロッジに戻りSwimmingと滝の後はヘトヘトだと思っていましたが、子供は元気でした!
前日生き残るかどうかを賭けてママチキンのふところへ押し込んできたベイビーチキンのその後をチェックしに、物足りなかった化石堀りのリベンジにマティソン牧場へ出かけていきました。

夕食はGrass fed beefのtenderloin steak♡
Markに教えてもらった通りにグリルにしたら…..
なんと….と~ってもジューシーでやわらかく、美味しかったです。
Grass fed beefはいつも草原で放牧され、グラスをモグモグ食べ、自由に動き回っている為、脂肪分が少なく、プロテインが豊富なため固めなイメージがありましたが、うちのMattland’s beefは Mattisonとして言うのもなんですが、お勧めします!
MarkがHarrison, NYまで宅配してくれたらと願うばかりです。

あっという間に半分が過ぎたこのファームステイ。
明日は雨模様…

 

 

DAY3-ファームステイ-FARM STAY2017

Image

DAY3
素敵な朝日で一日がスタートしました。
豚小屋の匂いにウッときながらもChoresに励みましたよ。
Pitchforkを握る手にも力が入ります。
Pig pen(豚小屋)のお世話の手順は:
1.ブタの下にたまったウ〇チをシャベルでとりのぞく
2.決められた量のエサを素早くあたえる。ブタさんはお腹がすいてブーブー!と大きな声で泣いています。
3.ベットとなる木のカスや干し草(これはエサにもなる)をひく
5人が協力して手順に従って70匹ほどのブタの世話をします。
初日に比べ少々手つきが早くなりました!
今日は放牧されている牛のチェックもしに行きましたよ。
干し草を運ぶHay wagonに乗り込みPasture(放牧地)をドンドン奥に行きます。
wagonから降りたら牛のいそうな所までMarkが連れてってくれました。
”Come bossie!!Come bossie!!”
がマティ家が昔から使っている牛を呼ぶ掛け声。
R君も一緒になって牛を呼びました。

丘を下って、上って….ついに牛の群れ発見!
Grass fedの元気な牛たちはモー!モー!の大合唱!
迫力!!

朝食後のEnglish Lessonでは会話の受け答えについて勉強。
今日は昨日に続き色んな人に会います。
午後の一発目はFossil(化石)探し。
約450,000,000年前の貝殻や虫の化石を見つけ出しお土産ゲット。

そしてバーブさんの馬でCarriage ride。
毛並みのいい3歳になるミミちゃんというこの馬はとっても人懐こく、まるで子犬の様なでっかい馬です。
順にCarriageに乗せてもらっている間は、牧場のニワトリの卵拾い。
ママチキンにつつかれないよう恐る恐る笑!
バーブさんが見せてくれたのは暫く拾われずにヒヨコになりかけた死にそうになっていた卵。
そっと卵の殻を破ると中からはか弱い声が…
“Let’s see if this one will survive until tomorrow.”
と言いながらバーブさんはその死にそうな生まれたてのヒヨコをママチキンの下にそっと置きました。
残念ながらこのヒヨコは翌日冷たくなっていました。
これも自然。牧場には日常に起こる出来事です。

次のアクティビティはアーミッシュ家族David&Levina宅への訪問、お野菜を調達する事です。
写真がないのは、宗教上写真に写ることを許されていないからです。
マティソン敷地内の家を借りて生活している彼らはコマーシャル的なアーミッシュ家族ではないため、いろいろ体験させてもらうのは難しいかもと思いながら訪問時に色々交渉をしました。
外の世界を「知りたくない」と思っているこの民族にとってハイテクなお土産やカラフルなものはタブー。
わたしは日本のフジリンゴと梨を片手に、日本の子供たちは無地の和紙折り紙で飛行機や花を折って持っていきました。
話をしているうちに色んな野菜を一緒に収穫したり、ついには
”Would you like to come inside our house?”
と、家の中へも招待してもらったのです!
7人の子供達がいるこの夫婦、奥さんLevinaは8人目のお産を翌日に控えている中、本当に心を開いてくれました。
感動です。

最後のアクティビティはChrisの母、Nanaのお宅で夕食。
Nanaは旦那さんBarryと2人で私達全員をもてなしてくれました。
大きなBaked hamとMacaroni&cheeseがとてもおいしくおかわりする子続出。
夕食後はみんなでSalmon River へお散歩。

DAY3の夜は星が降ってくるような素敵な夜空でしたが盛り沢山のアクティビティに全員お疲れ~。バッタリと眠りにつきました。明日も8時にChoresです。

IMG_9504

 

 

 

DAY2-ファームステイ-FARM STAY2017

Image

IMG_9178

 

さぁ!いよいよ牧場体験初日です。
早朝6時にT-Stormに見舞われドキドキの一日の始まり。

牧場で出迎えてくれたのはChrisのいとこのMark。
牧場をこよなく愛し、私達の思う食育の大切さに共感し子供好きな彼は明るく子供たちを迎えれてくれました。
ママ豚は4か月毎に一度に10匹以上の子豚ちゃん(piglet)を産む、餌の量は発育に応じてプロテインの量を変えて一日3回あげる、pigletは1匹$75で売られていくなど初日から沢山の情報に子供達も真剣な眼差し。

でも…飾られていない牧場の生の姿に少々タジタジな様子な5人。
“くさ~!”

”コブタ、かわい~!”
が、第一印象でしょうか笑!
きごちない手つきで餌をあげ、小屋のウ〇チを掃除していました。
こんなに本格的につきっきりで指導してくれたMarkに感謝です。

朝の10時過ぎまでChoresをこなしたらお腹ペコペコの子供達。

朝食はたった今お世話をした豚さんのお友達のベーコン…
食べる事への意識が変わる瞬間ですね。
でも分厚いベーコンは美味!でした。
ありがとう!豚さん。

朝食後はEnglish Lesson。
今日のレッスンは危険な植物と虫の注意事項についてと、午後の魚釣りの為の糸の縛り方と狭いボートの上でのキャスティングの仕方でした。
人生初の体験という子がほぼ全員。屋外で念入りにキャスティングの練習も済ませいざ!マティソン家のビーバー池へ。
途中、Chrisの父、グランパとグランマ、バーブさんにも釣り竿のセッティングを手伝ってもらいました。初対面の人への挨拶の仕方も少しずつ学び始めました。

そしてChrisの父,グランパがトラクターにワゴンをつなげ池までガッタン、ゴットン!
干し草がイスの代わり(^_-)-☆
ビーバー池ではボートに乗りフィッシング開始!
しか~し…..
自然はそんなに甘くない。
何度トライしても当たり無し。
数回引きを感じ魚の体が見えましたが逃げられる始末。
カヌーで一緒に池に出ていた息子Noahや姪っ子Sarahがポンポン釣り上げるのを横目に時間切れ….
ガックリ…
後日予定を変更してリベンジとなるか!

気を取り直し夜はBon Fireの準備。
昨夜のグリルしすぎたお肉を使ってカレーライス♡
マシュマロローストの為のスティックをみんな自分で自作。
天気にも恵まれDay2も無事終了。
明日に続きます♪