アメリカでの1年目、どう英語と向き合う?

Featured

日本から遥々アメリカへやってくる人々の理由はきっと千差万別。では共通点はある?

私の予想では言語の違いにぶち当たる所が一番の共通点かな….
少なくとも私にとっては一番大きかったな、と自分を振り返りながらそう思います。

大人も子供もそれぞれの新環境の中で言葉の壁を感じながら海外生活の開始ですね。
マティソンではそんな皆さんを応援しているのですが、時々ご父兄からこんなお問合せがきます。

「英語で説明されることが学校でもわからなくて子供が嫌がるので英語のレッスンは日本語で説明して欲しいのですが」…と。

言葉の壁を大丈夫、大丈夫!と笑い飛ばせるご家庭ばかりではありません。言葉の壁にぶち当たり自信を失い、学校へ行くことすら拒否しようとする我が子を見るのは本当に辛いものです。そんな時、勿論日本人の私としては日本語を交えなからサポートをするのですが、そっとご父兄にお話しをさせてもらう時があります。

他言語を学ぶ…

私が思う他言語を習得するという意味は:

・わからないまま時間が過ぎる

・思考回路がからまる

・もどかしい

先ずはその繰り返しだと思うのです。少なくても始めの2年程はひっきりなしにそう感じる生徒さんが殆どだと思いますし、私自身も昔いつも想いが言葉にできなくてもがいていました。

でも実はそれは逆に学んでいる、英語に直面している証なのですよね。

バランスを見ながら生徒さんが英語にぶつかり、チャレンジできる場を作る事は私達の大切な役目の1つであり、色々と考えている生徒さんをつつかず見守る事も教えるという点でとても大切な一面だと心得ています。

それが、自身で深く考え紐解く力をつけ、忍耐力を養うと思っているからです。

私の知り合いであり、元オリンピックの監督だった方の言葉に同感したことがあります。
「教える事の一番難しい所は、見守る事。学んでる人が悩み試行錯誤している所を見守り考える力を付けさせる事が大切」
スポーツの世界でも、語学の世界でもそれは接点だと感じました。

ネイティブ講師と1対1で学べる事、いざという時に日本語の助け舟がでるバイリンガル講師の中で学べる環境でマティソンへ通う生徒さんは思考能力、外国で混じって生活する忍耐力を高めながら会話力、読解力、作文力を身に付けていって欲しいと考えます。

海外の学校へ通い始めた頃は、英語をまだまだ日本でいう5科目の中の教科科目として見ている部分が強いかもしれませんが、ここ現地における英語は当たり前のことながら意思表示、人とのつながり、生活手段を意味します。

初めの1年は、大した事が分からなくても、ある程度どっしりと構え「あぁ、楽しかったね!」と親子で言える家庭環境を作ってあげる事を目標にしているうちに、子供の感じる不安が和らぎ次第に興味がわき、そして様々な変化を吸収する事ができるようになります。
テキスト本でただ一生懸命単語を覚えているより、学校の先生や英語圏の学友、また近所の人とどうしたら話せるだろう、どう言ったら会話が続くだろうと試行錯誤しながら学んでいく方が、結局はより実用的な英語習得への一番の近道となるのだと思います。

😎Cool Experiment 🧪

Featured

During this snowy season, we are staying warm and cozy and enjoying a cool science experiment with our students while we learn to describe the reactions and express feeling.

まだまだ真冬のNY。マティソンでは暖かい屋内でサイエンスの実験を行いながら、英語レッスンをおこなっています。科学反応や自分の思ったことを説明やレポートにまとめるなど、全て考えさせる興味深い内容です。

Oil とWaterにAlka Seltzer(Citric Acid とBaking Soda)の反応を楽しむ実験です。
どうしてOilとWaterが混ざらないの?
Why don’t the oil and the water get mixed?
どうしてFood ColorはOil にとけないのにWater はとけるの?
Why doesn’t the food color melt into the oil, but melts into the water?
色の泡が浮かび上がってはじけて,でまた下に落ちてくよ。
The color bubbles float up to the top and pop! Then they drop down to the bottom again.
わぁ…すっごーい!
Oh my….it’s so incredible!
信じられない。
So amazing.
あぁ、だからLava Lampっていうのね。
Oh, that why they call it “Lava Lamp”

色んな表現が飛び交います。

実験の締めくくりの、5つの素材のDensityを考える実験も生徒さんの予想を覆します。
Material ⇒plastic, glass, rubber, silver, woodが素材です。
What’s your prediction?
Will it float on the oil?
Will it float in the oil?
Will it sink in the oil?
Will it float in the water?
Will it sink in the water?
どの位置で5つの素材が静止するのでしょう。
自分の予想を書き込み、実際に実験して確認。

生徒さんがThe glass is more dense than the rubber.
The wood is less dense than silver.
とそれぞれのDensityと関係について意見を交わして終了するレッスンはきっとご家庭でも楽しめるアクティビティですね。

The following recommendations are here for your convenience to quickly find the products if you don’t already have them in your home or office. We do receive a small commission at no extra cost to you if you purchase through these links. Enjoy.

Oil, Food Coloring, Alka-Seltzer


帰国後のオンライン受講のメリットatマティソン

Featured

前回のブログでは帰国子女の英語力維持について、最近はオンラインレッスンを利用して会話力を維持している方が増えていることに触れました。その続きです。
海外で経験した本場の英語習得や生活に終止符を打ち、日本での新たな生活に目を向けながら帰国後の英語力維持のためにオンラインレッスンを選ぶメリットとは….

1.能力や性格に合わせてマイペースに進行
ニューヨークのマティソンイングリッシュで英会話を習っていた生徒さんにとり、生徒さんのスキルや性格を既に理解している講師が責任を持って本人のペースと能力に合わせレッスンを引き継ぐ事は、日本で新たに先生選びをする必要がなく今のスキルを維持、向上させていく事に集中する事ができます。
帰国前の生徒さんの英語スキルを知る私達は、帰国後の生徒さんのスキルの向上または低下にも敏感です。スキルが低下気味だと判断する際は、その分野(スピーキングであったり、ライティング、語彙力)に集中して取り組みサポートします。また生徒さんの性格や興味もそれまでのレッスンで分かっている場合が多いので生徒さんもリラックスし話題も絶えません。

2.ネイティブ、バイリンガルの講師で進学、受験、資格につなげる
共に講師歴20年の経験を持つChrisとMioが隔週で担当するレッスンでは、講師の知識や経験を活かし1枠30分のレッスン中で幅広い分野の英語に触れます。進学、受験、資格英語に必要な文法や単語力、読解力を伸ばす学習に留まらず、考える力を強化すべく世界の出来事にトピックをあてるスピーキング強化レッスンにも力をいれています。これは、面接やエッセイ上でのアウトプットにもとても有効な勉強法です。

エッセイ添削例

3.レッスン以外での取り組み
30分のレッスン外の時間では、希望者にHomeworkも出すことができます。エッセイといわれる英作はなかなか気軽に添削者を見つける事が難しい事があります。英文をHomeworkにしている生徒さんは定期的に講師に英文を提出する事によりレッスン枠以外でも英語に取り組むことができ気軽に添削を受ける事ができます。

また、その他のマティソン独自のレッスン枠以外の取り組みとしては、ニューヨークで夏の休暇期間を利用して参加してもらえる「ファームステイプログラム」があります。
毎年このプルグラムには日本から参加してくれる生徒さんがいます。日本へ帰国後オンラインで英語維持に努めながら、夏は講師の家の牧場へ訪れ更に生きた英語と英語の感性、文化を体験する事ができます。プログラムは<自然環境、NY農業経営の実態、命を頂く意味、自然活動>に注目し2006より開催しています。

講師2人という規模で運営しているマティソンイングリッシュならではの細やかなサポートで真のグローバルを目指す受講生を応援し続けたいと思っています。

マティソンに通ってなかったけどなぁ…
暫く連絡してないしなぁ…
って方もお気軽にご連絡ください。

chris@mattisonenglish.comまで。