Motivation to Learn English  英語を学ぶ心を支える 

2103H君は元気に部活行って帰ってきたかな?
うちはH君が帰っちゃって寂しい思いをしてるよ。次男は「1日が長いなぁ」とつぶやいてました(/_;)
久しぶりにあったH君から感じた彼の魅力って、H君って心が清く、良くも悪くも率直に表現できる所。でも本人的には色んな葛藤がありそうで、自分の取った行動に後から反省してたり….
彼の今感じる色んな意味でのじれったさはまだ数年は続きそうだけど、そんな時期だからこそ今回NYへの1人旅は彼にとって大きなヒントになったんではないかな。

H君滞在中、マンハッタンからの帰りに次男、H君、私で外食した時の事。
なにげに大学進学の話になって、H君が言ったんです。
「まだ何したいかとかわかんないから、取りあえず大学行って…」って。
で、私が切り返したのは、
「何したいかわかんないのにどうして大学いけるの?」

アメリカのほとんどの学生は大学は銀行から学生ローンを組んで自力で大学に行くのね。
もちろん、うちの息子たちも。だから日頃うちの子に口酸っぱくして言うのは、大学進学はやりたい事が見えて、少なくともそう信じるものがあって行く所。何したいかわからんで大学行くくらいなら何でもいいから仕事して社会の入口見てから標準定めて大学いきなさい、と。
大学進学が人様から数年遅れたって、長い人生、後になったらそんなこと問題ないこと。
それより親のお金使って「取りあえず大学」の方がよっぽど危険。
私のストレートな切り返しに何かが覆されたような表情だったH君。

また私は日本語と英語しか知らないので、その2言語から入って来る情報しか解釈できないんだけど、日本と英語を母国語とする国々のメディアが発するニュースを見たり、聞いたりするだけでも、国々で全く違った観点も持って情報を国民に提供してるんだなって日々感じるの。
日本のメディアが報じる事だけをうのみにすることなく、世界の発信に耳を傾けて判断できると世界がもっと面白くなるよと、H君に伝えました。
そのためには世界の共通語である英語を習得することがポイントになってくるね。

本音を言うと、私が英語を習得した目的は、元々「英語を使って仕事をする」ことだったのね。若いころは、少しでも自分が世界の一員である事を英語を使った日々で感じたかったの。
「英語ができる」は私にとって世界を見据えるスタート地点。
英語ができるが目標じゃなくって、その英語を使って何ができるかが大きな課題だったのね。

結果、英語を使って世界に参道するよりというより英語を教える側となった今、少しでもその英語を使えることの意味と可能性を若い人に感じて欲しいと思うんだな。
H君を空港へ送って行った時、前職である航空業といろんな航空機を目の当たりにし、エアラインビジネスに再度クラッときちゃったけど、マティソンイングリッシュを通して私には素晴らしい生徒さんや友人とのつながりがあるって今は思えるの。私達が関わる多くの生徒さんが「英語ができる」がスタート地点となり、「英語でOOができる」という所まで行きつくまでずっとご縁があるといいなぁ。

Homestay NY finalle# ホームステイ 最終

A week is s11813327_1042967759054792_3799869204179998879_nuch a short time. Today was the day he flew back to Japan.
We had so much fun trying to show what it’s like to live here in NY to our friend = student that came here last Sunday.
We made some great memories, but most of all hope we were able to help him understand that life is what you make of it no matter where you are. 11755887_1042967805721454_3485059724789721718_n
There is beauty,excitement, and joy everywhere you go.
He or any of our students ar11800439_1042967739054794_9200469792177280833_ne always welcome to visit us here in Harrison, NY.
Farewell our friend until we see you next time!
1週間という短い滞在を終え、本日友人=生徒さんが無事日本へ帰国しました。NYの日常をしっかり感じてもらう良い機会になったのではと思います。沢山の思い出の中で私達が一番伝えたかったのは、人生どこで生きようと自分次第。自分の力で切り開いていくということ。どこで生きようと人生の素晴らしさや楽しさは見つけ出せる。そうなる人生を選んで歩もう。
いつでもまたおいで!世界中の友人、生徒さんも!
暫しの間のさよならだよ。また会う日まで!11011931_1042967855721449_323060181799441835_n

Homestay Part2

One week stay in NY is short…ny19

So far so good, we’ve taken him to NYC twice and around our town Harrison, NY.
He seems to be enjoying his new experiences.

Everything is big!
People are friendly!

We’ve been talking with him about many things as we walk through the town and eating together. Talked about food, culture, family, sports, high school, college, career, rich and poor….etc  Two more days left….Time flies….
ny27
NYでの一週間の滞在は短い….
順調に日々を楽しみ、NYCへは2度行き、ハリソンの街の周りへもちょこちょこ連れ出しています。アメリカでの新体験を楽しhajiiiiiiんでくれているようです。

なんか全部おっきいなぁ!
人がフレンドリーなのがいいなぁ!

感じてる事も多いようです。
彼と街を歩きながら、食事を共にしながら、いろんな話をしています。食べ物、文化、家族、スポーツ、高校、大学、キャリア、金持ちと貧しさの事などあれこれ…
あと2日です。hajimeeee
時間は飛ぶように流れていきます…ny39

Homestay in NY Part1

日本からの友人=生徒さん H君が、無事日曜日に到着しました。

入国審査もスムーズに通過できたようで、元気に再会。
到着の晩マティソン家でテーブルを囲み、成長したH君の学校生活の話し、思い出話など尽きることなしに話しました。
NY2
そして翌日時差ぼけで早くから目が覚めたH君は高校の宿題をし、その後皆でWalmartとスーパーへ。Walmartでは一番始めに妹さんへのお土産を購入した彼はやはり優しい兄なんだなぁ、と感心。
スーパーではデリコーナーでハムとチーズを量り売りしてて、
“Can I have a pound of low salt ham, please?” NY3
などの注文を任せてみました♪
マティソンの息子2人もそうなのですが、H君も私が「はい、やってみて」と促すと、躊躇することがあまりなく「うん、じゃあやってみるよ」ととりあえず前にでるタイプ。で、失敗してあわてるパターンが多いのですが、今回もそのノリでデリコーナーはクリア♪
これからが楽しみだぁ!

今日はChris 、次男、H君とで、NYCのIntrepid とStaten Island Ferry, Wall street, 911 memorial 辺りを楽しんでくる予定です。
オニギリ持たせちゃった~;)電車で食べてるかな。

NY1

Homestay! A student to our house in NY! ホームステイ!講師宅での英会話挑戦?

Yes, kids are out of school in the US and Japan.
For this year, we are inviting our dear friend’s son from Japan for 1 week!

日本もアメリカも世間の学生は夏休み~!
今年は親友家の息子がマティ家にホームステイしてくれることになりました!

Departure from Nagoya and arriving to JFK on 7/19/15.111246
名古屋発のNYケネディ空港着は、ここNYの現地時間7/19夕方。

This student has been our friend since he was 3rd? 4th?grade, and now he is in 9th grade. He’s been learning English from us since he was elementary school and currently he is taking online lessons from us.
小学3年?4年?くらいからの大切なお友達で、現在マティソンイングリッシュンのスカイプレッスンを受講してくれている高校1年生なのです。

We were soooo excited for this to happen, we bought a sofa futon on line for him to sleep on which we haven’t received yet….lol
We are keeping our fingers crossed.  But with or without, we know we are gonna have a great time with him.
彼が本当に名古屋からはるばるここNYのマティソン家を訪ねてくれることが嬉しくて、先日ネットでソファベットを購入したのに、品はまだ届きません・・・笑
ここまで迫れば後は祈るだけです(*_*) でも、ソファベットが届いたにせよ、彼の到着に間に合わなかったにせよ、彼との再会は楽しみで仕方ありません。

We’ll update his about his experiences here!
彼との再会、彼の人生初の1人旅の様子はここで更新していきたいと思います~!

House Rules 家の決まり-15才~編

House rules for our 18 & 15 yrs Sons

  1. If you will not be home for dinner, we need to know by 5PM
  2.  If you would like to have guests for dinner please check with us by noon
  3.  Please be home by 11pm, but if you’ll be later than 9pm, let us know where you are & with who
  4.  If you plan to stay over at friend’s house please let us know by 9pm
  5.  No guests of the opposite sex allowed in your bedroom when we are not home
  6.  If you would like to have a friend spend the night, please check with us a day before
  7.  No guests allowed over after we have gone to bed
  8.  Guests must leave the house by 11PM
  9. If you make a mess….please clean it up. Kitchen—Bathroom–Living areas
  10. Do not leave your things and/or trash lying around
  11. Bedroom should be cleaned thoroughly once a week, this includes, washing bedding, vacuuming and dusting
  12. Since you are working part time
    NewYorkSummer2007Part2 045

    Our kids when they were elementary school age…. Good old days~.

    …..you will be responsible for paying some expenses:

Cell phone $0/mon (for now), Car insurance $100/mon, Gas $15/mon
13. Your personal products are our responsibility while you are in high school (^.^).

Dealing with teenagers is a bit tricky…..
We wrote down what we think is important for them to become responsible and things to run smoothly in the house.
I think many parents who have teenagers in the house will agree. We do this to our kids with 100% love and respect.
What do you think?

Life challenges for overseas Japanese moms

There are quite a few Japanese families living in Harrison, NY. Many of them get relocated to different countries or return to Japan in a couple of years, but some families stay up to five years or more.

So today, I would like to talk about Japanese mothers who live in Harrison, NY.  Many Japanese in one town means more convenience to live without using English. It can be easier to find friends, shops and information from other Japanese who live in the same town.  As a matter of fact, some people literally only use Japanese while they are here.
Under the unique circumstance (living in the US, not having to speak English), mothers who join our lessons have their own clear goals to master English. Having a fulfilling lifestyle each day and making good lifetime American friends are the goals for some mothers to enrich their lives in the US.

Often, 60 minutes lesson time is overtaken by the endless questions. Chris gets excited to see their ambition which makes 60 minutes feel like 10 minutes! This one lady had a lesson about how to reschedule her doctor’s appointment, then at the end of the lesson she made a call to the doctor’s office. Yes, she raised her arms and “Yes! I did it!!” She was so happy which made us happy, too.

Some mothers were fulltime business women at well-known companies in Japan. But, they had to resign their jobs to move overseas with husbands and kids, but they take living overseas as a positive change and are brushing up their careers while they are here.  Another woman is in the middle of chasing her dream with her husband, and came to the US to attend law school and in the meanwhile she is brushing up English skills with us. Wow, how impressive!

We are absolutely impressed by their willingness and so motivated to support our students who keep their positive Japanese identity and are open minded to meet local people, enjoy different cultures, spontaneously communicate with school teachers for their kids, and are able to state their opinions when it comes to emergencies.
It’s fun and actually quite easy to come up with our lesson plans when we carefully listen to their accidents and wonders. We would like to create lessons which benefit both Japanese and local people here in Harrison.

It’s been almost two years since Mattison family started life in Harrison, NY.
Our magic word, “Oh, we’ve just moved here from Japan” is no longer effective…
It’s time for us to dig in and enjoy every part of our life!

There are millions of ways to live your life. Let’s choose one….or more.

駅

英語と日本語 母の葛藤の日々

ハリソン,NYには日本人駐在員家族が多く住んでいます。多くは2~3年の滞在で移動、もしくは帰国となるようですが、中には5年以上滞在でお子さんは日本語より英語の方が得意なんて家族もいるようです。今回はそんな駐在員妻の葛藤と努力を綴ってみます。

日本人が多いという事は、子供も親も英語を使わなくても十分に生活できてしまうということでもあり、「私NYに数年いても英語とは無関係なんです~。」なんて方もいらっしゃいます。
しかしそんな環境の中、マティソンの生徒さんの多くは、米国滞在中に英語をマスターし、海外生活をより充実させたい、友達と呼べる友人を作りたいと前向きな目標を掲げて日々がんばっています。

向上心の高い方々とのレッスンは質問が絶えません。質問を元にレッスンを進行しているうちに時間になってしまうなんてこともしばしば。
病院の予約変更をレッスン内で練習し、教室から病院へ電話をかけ「やった~!」と喜んだ生徒さんもいました(笑)また、日本ではバリバリのキャリアウーマンだった人が、夫と一緒に海外に来てボーっと過ごすわけにはいかないと、自分磨きの為に受講をされている方もいます。はたまた、自分の夢を追いかけ、夫と子供を従えてアメリカで学生をしているなんて凄い方もいます。

日本語でやり過ごそうと思えばいくらでもできてしまうこの地域で、みなさん自分のアイデンティティーを失わずに、現地のアメリカ人家族と付き合い、子供達の学校の先生と会話をしたり、いろんな状況下での電話対応や、緊急時の対応などを、英語と日本語を上手に使い分けながら活き活きと生活してらっしゃいます。
私達マティソンイングリッシュは、生徒の皆さんのハプニングや不安材料に耳を傾けていると、みなさんのニーズが見えてきてレッスンプランも自然に色々湧いてきます。日本国外、英語圏だからできる充実したレッスン、地域に寄り添い現地住民にも受け入れてもらえるレッスンを心掛けています。

マティソン家もハリソンへ来てそろそろ丸2年。やっと家族を取り巻く周囲の流れ、システムの違いを把握できるようになってきた近頃。「最近越してきたんです~」とはもう言えません(笑)生徒さん達の向上心に負けないよう私も頑張らないと….townsignfall